亜沙とは、演奏時の女性的な出で立ちが魅力的な男性ベーシスト、またボーカロイドプロデューサー(ボカロP)である。2012年に吉原に生きる女性の心境を描いたボーカロイド曲「吉原ラメント」をネット上に投稿すると、130万再生を超え、ドラマやCD、小説になるほどの人気を誇った。その後2013年には「伝統芸能をよりポップに世界へ広げたい」という鈴華ゆう子の呼びかけで立ち上がった現「和楽器バンド」にベース担当として入り、ハードロックやJーPOP、ヘヴィメタルやフォークメタルなど様々なジャンルをこなしている。また、メンバーを特定しない「亜沙バンド」というソロでのバンドも組んでおり、現在多方面での活躍が期待されているアーティストである。

亜沙の日程

68人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

亜沙のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 06:00更新)

亜沙とは

亜沙の魅力について

亜沙(あさ)とは、ボカロPであり、また8人組のロックバンド「和楽器バンド」でベースを担当しているアーティストである。

12月18日生まれの彼は、東京都で生まれ、昭和音楽大学作曲学科へ入学。中退をしているが、音大で学んでいたというだけあってその実力は確かなものだ。そんな彼が所属する「和楽器バンド」とは、ボーカルの鈴華ゆうこ、箏のいぶくろ聖志、尺八の神永大輔、津軽三味線の蜷川(にながわ)べに、和太鼓の黒流(くろな)、ギターの町屋、ドラムの山葵(わさび)、そしてベースの亜沙の8人で構成されるロックバンド。箏や尺八などの和楽器や、ボーカルが詩吟の師範代である事から、詩吟を取り入れているという実に特徴的なバンドである。そこで軸となるベースを担当している彼の演奏は、高い技術とともに安定感があり、8人の音を一つにまとめあげている。

また、彼はソロとしても、ボカロPをやっておりニコニコ動画などで活躍している。彼のボカロ曲「吉原ラメント」は120万回以上の再生を記録し、多くのアーティストに歌われ、さらには小説化までした。和楽器バンドの一員としても、作曲の才能を持つ1人のアーティストとしてもますます今後が楽しみな彼。そんな彼のライブ情報は見逃せない。

亜沙が好きな方はこんなチケットもおすすめ