ART-SCHOOLは、オルタナティヴ・ロックバンドである。ソロシンガーとして活動していた木下理樹が中心となり2000年3月に結成。「SONIC DEAD KIDS」にてインディーズデビューを果たす。2002年「DIVA」でメジャーデビュー。その後の2002年から「FUJI ROCK FESTIVAL」や「RASH BALL」、「ROCK IN JAPAN」など、多数の音楽フェスに出演した。2004年からは毎年全国各地へワンマンライブを行い精力的に活動。何度かのメンバーチェンジや活動停止を乗り越えて2012年に第3期ART-SCHOOLとして活動を開始した。2014年に再度活動停止を発表。しかし2015年の「COUNTDOWN JAPAN15/16」にて復活ライブを行い現在に至っている。

ART-SCHOOL(アートスクール)の日程

95人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アラベッラのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/24 12:00更新)

ART-SCHOOLについて

ART-SCHOOLの魅力とは

ART-SCHOOLは、オルタナティヴ・ロックバンド。何度かのメンバーチェンジや活動停止を乗り越えて2012年に第3期ART-SCHOOLとして活動を開始している。

主なメンバーはボーカル兼ギターの木下理樹。バンド結成から唯一のメンバーで、主な作詞・作曲を担当している。対人恐怖症だった時期があり、引きこもりやニート生活を経験している。アメリカのオルタナティヴロックやグランジロック、映画が好きで初期の作品にはかなり影響を受けているのがわかる。もう一人のメンバーはギターの戸高賢史。交流があった木下から誘いを受け加入。手先が器用でギターの改造やエフェクターの作成を趣味にしており独自のブランド「Phantom FX」からエフェクターを販売している。楽曲によっては彼もボーカルとして参加している。2012年から参加しているサポートメンバーはベースの中尾憲太郎。木下が憧れていたベーシストである。ドラムの櫻井雄一は結成当時の正式メンバーだったが一旦脱退した後サポートメンバーとして復帰。ドラムの藤田勇もサポートメンバーとしてART-SCHOOLをバックアップしている。

2015年木下理樹が自主レーベル「Warszawa‐Label」の設立を発表。2017年1月にはファン投票を募りB SIDES BEST「Cemetery Gates」をリリースしている。さまざまな経験を積み技術を磨いてきた彼らの完成度の高いライブへと足を運んでみてはいかがだろうか。

ART-SCHOOL(アートスクール)が好きな方はこんなチケットもおすすめ