アロージャズオーケストラは1958年に結成された大阪を拠点に活動するジャズバンドである。当時ピアニストとして活躍していた北野タダオを中心に「北野タダオ&アロー ジャズ オーケストラ」として結成され、大阪の高級ナイトクラブ「クラブアロー」の専属バンドとして活動を開始。クラブ閉店後も活動は続き現在に至っている。年に5回~6回の定期演奏会も東京、大阪、京都、名古屋など全国各地で開催し、2016年までに開催数はゆうに100回を超えている。これまでに「Bopularity」や「Color Of The Moment」などのオリジナルCDもリリースし非常に充実した活動を続けるプロバンドとしての地位を確立している。アロージャズオーケストラは大阪の雄と言われながら様々な趣向を凝らし挑戦を続ける老舗ジャズバンドである。

アロージャズオーケストラの日程

11人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アロージャズオーケストラのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 00:00更新)

アロージャズオーケストラについて

アロージャズオーケストラとは

1958年に結成された大阪を拠点に活動するジャズバンド、アロージャズオーケストラ。
当時ピアニストとして活躍していた北野タダオを中心に「北野タダオ&アロー ジャズ オーケストラ」として結成され、大阪の高級ナイトクラブ「クラブアロー」の専属バンドとして活動を開始。クラブアローが閉店後もその高い実力が周知されていたバンドは活動を続け、1992年には「AJOミュージックスクール」を設立。その後2004年にはライブハウス「ライブ スポット アロー」をオープンした。
年に5回~6回の定期演奏会も東京、大阪、京都、名古屋など全国各地で開催し、2016年現在までに計100回を超えている。これまでに「Bopularity」や「Color Of The Moment」などのオリジナルCDもリリースし非常に充実した活動を続けるプロバンドとしての地位を確立している。
2008年に、創設以来リーダーを務めて来た北野タダオが引退すると、1959年からのメンバーでトロンボーン担当の宗清 洋が新たなリーダーに就任。バンド名を「アロー ジャズ オーケストラ」(AJO)に改めて活動。現在メンバーには若手も多く、「角松敏生 meets アロージャズオーケストラ」などコラボ企画も開催。
大阪の雄と言われながら様々な趣向を凝らし、常に挑戦を続けている。

アロージャズオーケストラが好きな方はこんなチケットもおすすめ