ARCTURUS(アークチュラス)は、1987年にエンペラーやウルヴェルなどノルウェーを代表するブラックメタルバンドのメンバーを中心に結成されたシンフォニック/プログレッシヴブラック・メタルバンドだ。キーボードをメインに構成された1stアルバム「Aspera Hiems Symfonia」を1996年に発表し、荘厳なシンフォニック・ブラックメタルサウンドが人気を呼んだ。その後、前衛オペラ調やプログレッシヴ・メタルなど作風を変えたアルバムを発表し、注目を集める。2007年にそれぞれの活動に専念するため解散するが、2011年に再結成しアヴァンギャルドな作風の新作アルバム「Arcturian」で復活。2017年3月には待望の初来日公演を敢行する。ノルウェーの生んだメタルの雄ARCTURUSのステージは要必見だ。

ARCTURUS(アークチュラス)の日程

7人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ARCTURUS(アークチュラス)について

ノルウェーが生んだメタルの雄、ARCTURUS(アークチュラス)の魅力とは

ブラックメタルの聖地と呼ばれるノルウェーで1987年に結成されたARCTURUS(アークチュラス)は、オリジナルメンバーのSteinar Sverd Johnsen(Ky./Gt.)とJan Axel Blomberg(Dr.)を中心に、Simen Hestnæs(Vo.)、Knut Magne Valle(Gt.)、Hugh Mingay(Ba.)の5人からなるメタルバンドだ。

煌びやかなキーボードの音色を基調とした硬質なシンフォニック・ブラックメタルサウンドでデビュー。それまでのブラックメタルのイメージを一新し、注目を浴びる。その後、奇怪性と前衛性を極めた2ndアルバム「La masquerade infernale」を経て、2002年に彼らの最高傑作と謳われている3rdアルバム「Sham Mirrors」を発表。メロディアスなプログレッシヴ・メタルバンドに変貌を遂げる。

2007年に一旦解散するが、2011年に再結成し活動を再開する。2015年に再結成後の初アルバム「Arcturian」を発表すると、電子音からノイジー音までを包含した壮大なスケール感のメタルサウンドが話題を呼んだ。2017年3月に初めての来日公演が開催される。ノルウェーの生んだメタルの雄、ARCTURUSのライブで、その神髄をたっぷりと味わってほしい。

ARCTURUS(アークチュラス)が好きな方はこんなチケットもおすすめ