荒木宏文とは2004年に出場したオーディションを機に活動を開始する俳優。当時のオーディションにて俳優ユニット「D-BOYS」へと参加、翌2005年に「ミュージカル・テニスの王子様」へと出演しメインキャラクター乾貞治役を演じたことで大きな注目を集めた。本作ではその後の舞台シリーズをはじめ、実写映画版でも同役で出演するなど彼の代表作となる。2007年にはスーパー戦隊シリーズ「獣拳戦隊ゲキレンジャー」にて悪役理央を演じている。2008年には舞台、映画で初主演を演じるなど飛躍の年となり、さらに2015年には歌手としてシングルを発表しソロデビューを飾っている。アーティストであり俳優、二足の草鞋を履きながら年々活躍の幅を広げているマルチな才能を持つ人物である。

荒木宏文の日程

143人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

日本武道館他1会場

天王洲 銀河劇場

森ノ宮ピロティホール

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

荒木宏文のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 06:00更新)

荒木宏文について

荒木宏文の魅力とは

荒木宏文とは2005年に俳優として本格始動、そして10年後の2015年には歌手としてソロデビューを果たすしたアーティストである。舞台作品からは「ミュージカル・テニスの王子様」、テレビドラマではスーパー戦隊シリーズへと出演するなど各方面で活躍をこなす。映画では「20世紀少年 第2章 最後の希望」や「闇金ドッグス5」など話題作への出演が目白押し、徐々に実力派俳優として知名度を広げている。特に舞台俳優として数々の人気作品へと出演しており、普段のスタイリッシュな姿から舞台上ではガラっと姿を変える様に驚きの声も上がっている。「ミュージカル・テニスの王子様」ではメガネをかけたインテリキャラクターを見事再現、その他「ミュージカル黒執事」「舞台 もののふシリーズ」「FAIRY TALE」などでファンを驚かせている。俳優ユニットD-BOYSとして舞台に出演するなど活躍を見せ、2010年にはさらにその中から選抜されるユニットD☆DATEへと選ばれている。舞台の初主演作は「ラストゲーム~最後の早慶戦~」、そして映画の初主演は「夏休みのような1ヶ月」となっている。2016年には歌手としての1stライブを開催しており、新たな魅力の発信に多くのファンが集まっている。歌手としても大きな人気を集め俳優として話題作に出演、その活躍は留まるところを知らない。

荒木宏文が好きな方はこんなチケットもおすすめ