2001年から毎年開催されている野外ロックフェスティバル「ARABAKI ROCK FEST (アラバキ)」。2005年からは、ゴールデンウィーク期間中の2日間にわたって開催されており、毎年3〜4万人近くの動員数を誇る代表的な春フェスのひとつ。東北地方最大級の音楽フェスで、2日間で総勢100名を超えるアーティストによるライブ・パフォーマンスが、東北に由来した複数にステージで繰り広げられる。さらに、この「ARABAKI ROCK FEST (アラバキ)」でしか見られない、有名アーティストによる夢のコラボレーションがさらにフェスを盛り上げている。2日間を通してキャンプサイトを利用する場合にはキャンプサイト券が必要になるので、チケットは忘れずにゲットしたい。

アラバキロックフェス(荒吐)の日程

1,503人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

アラバキロックフェスの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アラバキロックフェスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 12:00更新)

ARABAKI ROCK FEST (アラバキ)について

ARABAKI ROCK FESTの魅力、おすすめポイント

注目の新人バンドやアーティストのライブが開催されるフェスとしても有名。2日間の通し券を購入の場合は、キャンプサイト券を購入してテント設営で過ごすか、近隣の宿泊施設で過ごすか、早めに宿泊場所を確保しておく必要がある。

ARABAKI ROCK FESTの気候、天気、服装

開催時期が初春であるため、1日だけの参加で荷物は少なくしたいと思っても、防寒グッズの持参がおすすめのフェス。昼は20度近い気温にもなるが、夜は10度から、場合によっては0度近くまで下がる場合がある。さらに、天候によっては強風や雨など、体感温度をさらに低くするため、ウィンドブレーカーなどの厚手のアウターは必須。特に、2日間通しでキャンプサイトを利用する場合は、厚手のマットに春用の寝袋の防寒対策が必要。気温差に対応できるよう、着脱のしやすい格好での参加がおすすめ。

ARABAKI ROCK FESTの行き方(アクセス方法)

車での来場の場合
・仙台駅からの所要時間は約50分。
・山形自動車道 宮城川崎ICから約5分。東北自動車道利用の場合は村田JCTから山形自動車道へ。

電車での来場の場合
・仙台駅(所要時間約50分)、大河原駅(所要時間約40分)下車。臨時シャトルバスで会場へ。

アラバキロックフェス(荒吐)が好きな方はこんなチケットもおすすめ