AR performersは、拡張現実で表現されたキャラクターがステージ上でライブパフォーマンスを行う新時代のエンターテインメントプロジェクトだ。2016年4月にユークス主催により「AR performers β LIVE」が開催され、ソロアーティストのシンジと2人組ユニットREBEL CROSSのダイヤとレイジが拡張現実空間に登場し、華麗な歌とダンス、トークを披露し、大きな話題となった。プロジェクトを手がける内田明理は、「ときめきメモリアル Girl’s Side」シリーズ、「ラブプラス」シリーズなどの開発に携わり、多くのファンを持つゲームデザイナーだ。2017年1月には待望のファーストLIVEが開催される。現実空間に現れた仮想現実のライブパフォーマンス、AR performersがいよいよ現実となる。

AR performersの日程

3人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

AR performersについて

新時代のライブエンターテインメント、AR performersの魅力とは

「ときめきメモリアル Girl’s Side」シリーズをはじめ「ランブルローズ」シリーズ、「とんがりボウシ」シリーズ、「ラブプラス」シリーズなどを手がけたゲームデザイナーの内田明理がプロデュースするライブエンターテインメントAR performersは、最先端のIT技術を駆使した新時代のパフォーマンスイベントだ。
2016年4月に開催された「AR performers β LIVE」で初めてその姿が披露され、満員の観客を驚かせた。スクリーンに映し出された2次元のキャラクターたちが、リアルタイムで観客とコミュニケーションを取り、歌とダンスを披露するなど、そのパフォーマンスに会場全体が魅了された。ステージに登場したのは、甘く爽やかな王子様キャラのシンジと不良っぽい雰囲気の2人組ユニット、REBEL CROSSのダイヤ&レイジ。
11月には3人がパーソナリティーを務めるラジオ番組「Amazing Radio Performers」でラジオデビューし、ファンと交流を行っている。
2017年1月には「AR performers 1st A’LIVE」が2日間にわたって開催される。拡張現実のアイドルスターのライブを楽しんでみよう。

AR performersが好きな方はこんなチケットもおすすめ