青柳 晋はニカラグア出身という面白い経歴を持つ世界的に活躍するピアニストである。商社勤めであった父親の赴任先のニカラグアで生を受け、半年程でアメリカのダラスに引越し、ここで小学3年まで暮らした。その後小学4年の時に日本に移り住み、母親と姉の影響で5歳の頃からピアノを習い始め、1981年には第35回全日本学生音楽コンクール小学生の部にて全国1位受賞を受賞している。「落ちたらピアノは趣味で」という約束の元、桐朋学園高校を受験し見事合格。ここから青柳 晋は本格的にピアノにのめり込むこととなった。桐朋学園大学に進学するとすぐにベルリン芸術大学へ留学。1999年にベルリン芸術大学大学院を修了している。帰国後東京芸術大学音楽学部助教授し後進の育成にあたっているほか、ピアノリサイタルをおこなっている。

青柳晋の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

青柳晋の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

青柳晋のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/2 18:00更新)

青柳 晋について

青山音楽賞などの受賞経歴をもつピアニスト・青柳 晋とは

5歳の頃からピアノを習い始めた青柳 晋。家にあった母親のピアノを弾いていた所から漠然とピアニストを目指していた。「落ちたらピアノは趣味で」という約束の元、桐朋学園高校を受験し見事合格。ここから本格的にピアノにのめり込むことに。
桐朋学園大学に進学するとすぐにベルリン芸術大学へ留学。クラウス・ヘルヴィッヒやパスカル・ドゥヴォワイヨンなどに師事した。この留学時代は本当に辛いものでコンクールに落選した後にピアノの蓋を開くと吐き気を催す程だったという。一時は必要最低限の荷物だけ持って逃げ出すこともあったが、ここでの経験が音楽家としての成長を促したと語っている。ロン=ティボー・コンクールに入賞後、ヨーロッパとアメリカで活動を始めていたが1997年頃日本へ帰国。
オーケストラとの共演やリサイタルの開催など精力的に活動しCDも多くリリース。

2001年には 東京芸術大学音楽学部常勤講師、桐朋学園大学音楽学部非常勤講師に就任。2003年には東京芸術大学音楽学部助教授に就任し後進の育成に励んでいる。
これまでにカサブランカ国際ピアノコンクール、イブラ国際ピアノコンクール、ポリーノ国際ピアノコンクールなどで1位を獲得、青山音楽賞受賞や第28回日本ショパン協会賞など様々な賞を受賞している。

青柳晋が好きな方はこんなチケットもおすすめ