A応Pは日経エンタテインメント!とアニメ専門チャンネルであるアニメシアターXが共同で立ち上げた「アニメ“勝手に”応援プロジェクト」のなかで、アニメを愛する女子がアニメを応援する、というコンセプトで作られたユニットである。「Anime(勝手に)応援Project」の頭文字を取ってA応Pというユニット名になった。メンバーはそれぞれ別々の事務所に所属しているため、A応Pは事務所の垣根を越えたアイドルユニットということになる。メンバーを何度か変更しながら活動を続けてきたが、2015年のアニメ「おそ松さん」のオープニングテーマ「はなまるぴっぴはよいこだけ」を担当し、同アニメが爆発的な人気になったことでA応Pの知名度も上がり、話題のユニットとして注目をあびている。

A応Pの日程

154人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

A応Pのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 12:00更新)

A応Pについて

A応Pの魅力とは

A応Pは日経エンタテインメント!とアニメ専門チャンネルのアニメシアターXが共同で立ち上げた「アニメ“勝手に”応援プロジェクト」のなかで、アニメを愛する女子がアニメを応援する、というコンセプトで作られたユニットである。「Anime(勝手に)応援Project」の頭文字を取ってA応Pというユニット名になった。
メンバーは荻野沙織(リーダー)、桜奈里彩、巴奎 依、広瀬ゆうき、福緒 唯、水希 蒼の6人である。6人にはそれぞれ戦隊物のように担当カラーが決められている。
ちなみにメンバーそれぞれがアニメ好きだが、それぞれが好きなアニメのジャンルは微妙に異なっており、自分の推すアニメに関してメンバー間で熱い議論を交わすこともしばしば。

2012年9月の結成時からメンバーの変更も行いながら活動を続けてきたが、オープニングテーマ「はなまるぴっぴはよいこだけ」を担当した2015年のアニメ「おそ松さん」の大ヒットによりA応Pの知名度もどんどん上がっていくことになり、2016年には声優アワードの特別賞も受賞している。クールジャパンの一環として大きな期待を集めている日本のアニメシーンを彩る彼女たちの活躍から今後も目が離せそうにない。

A応Pが好きな方はこんなチケットもおすすめ