青森ワッツは、2015年4月に設立されたB.LEAGUEの2部東地区に所属し、青森県を本拠地とするバスケットボールチームだ。チーム名の「ワッツ」は青森県の方言。「とても熱い」を「わぁあっつ」、「力強く」や「スピーディに」を「わっつ、わっつど」「わっつり」と言うことに由来している。2013-14シーズンからbjリーグに参入し、青森県初のプロスポーツチームとして県民から熱い支持を受けてきた。マスコットキャラクターの「クイッキー・デッチ」はリスをモチーフとし、大きくて丸いしっぽがバスケットボールをイメージさせる。チアダンスチーム「ブルーリングス」の元気一杯のパフォーマンスが夢と希望と感動をブースターに与えてくれる。3ポイントシュートの名手・下山大地(SG)をキャプテンに据え、アラン・ウィギンス(F/C)、館山健太(SF)、木村啓太郎(PG)などを補強した青森ワッツが、みちのくから旋風を巻き起こすだろう。

青森ワッツの日程

2人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

青森ワッツの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

青森ワッツのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 06:00更新)

青森ワッツについて

青い炎の若手チーム、青森ワッツの魅力とは

2005年にbjリーグが発足して以降、日本男子バスケットボールのトップリーグはbjリーグとJBL(2013年からNBLに改編)の2リーグが併存する状態が続いていた。国際バスケットボール連盟 からの強い要望を受け、川淵三郎をチェアマンとした「JAPAN 2024 TASKFORCE」の主導の下、2015年4月、長年の課題だった統一プロリーグ・JPBLが設立された。JPBLは通称「B.LEAGUE」と呼ばれ、1部(18チーム)、2部(18チーム)、3部(9チーム)の階層に分かれ、1部と2部は東・中・西地区に分かれてリーグ戦とチャンピオンシップを争う。

B.LEAGUE 2部東地区に所属する青森ワッツは、2013-14シーズンから日本最北のチームとしてbjリーグに参入し、雪深い厳寒の地から、県民の内なる情熱をシンボライズしたロゴマークである「青い炎」のごとく熱いプレーを繰り広げている。リスの愛くるしさが人気のチームマスコット「クイッキー・デッチ」とチアダンスチーム「ブルーリングス」が青く燃えるような情熱的なパフォーマンスを披露する。
チームは3ポイントシュートが武器の下山大地(SG)を新キャプテンに、山口力也(PG)、菅 俊男(F)、永山雄太(SG)など若い選手を揃え、将来を見据えたチーム作りを目指している。

青森ワッツが好きな方はこんなチケットもおすすめ