今年で62回目の開催となる青森花火大会。青森市青森港付近で毎年8月2日から8月7日に開催されている「青森ねぶた祭」の最終日にこの大会が開催されている。県内でも最大規模の花火大会となっており、10,000発以上の花火が打ち上げられる。青森花火大会の最大の特徴はなんと言っても、ねぶたの海上運行と花火の競演だろう。花火大会前のねぶた祭で大賞を受賞したねぶたなど、5台ものねぶたが海上を運行しその頭上を花火が彩り、観客達を魅了している。この感動が味わえるのも、青森花火大会だけであろう。近年では、新中央埠頭と青い海公園を全席パイプ椅子の有料指定席にしており、県内外問わず誰もが花火大会を楽しめる環境に整備されている。青森で伝統的なねぶたとスターマインや打揚などの豪華な内容の花火をどちらも味わうことのできる「第62回 青森花火大会」は一度観に行く価値があるだろう。

青森花火大会の日程

62人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

青森花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

青森花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 00:00更新)

青森ねぶた祭協賛「青森花火大会」について

青森花火大会の魅力とは

毎年8月2日から8月7日に青森県青森市で開催されている「青森ねぶた祭」。その最終日でフィナーレを飾るのが、県内最大規模の青森ねぶた祭協賛「青森花火大会」である。
祭でねぶた大賞を受賞したねぶたなど、5台ものねぶたが海上を運行しその頭上で10,000発以上の花火が打ち上げられる。花火とねぶた海上運行の競演が観れるのは日本でもこの青森花火大会だけとなっている。
大会のプログラムも豪華で、特にラストを飾る大型の「スターマイン」は、短時間に何発もの大量の花火が打ち上がり、メインイベントの一つとして毎年観客達を魅了している。2004年に新中央埠頭に初めて有料席が設置されたが、翌年からは新中央埠頭の他に青い海公園を加えて、全席パイプ椅子の有料指定席が設置され現在に至っている。
花火大会を誰もがゆったりと見物できる体制に整備されていることも人気の理由とも言えるだろう。1955年から開催され、今年で62回目の開催を迎える青森花火大会。
ねぶた祭と合わせて、ここでしか味わえない日本を代表する花火大会を一度観に行く価値は大いにあるだろう。

青森花火大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ