第63回 青森花火大会取扱中!「青森花火大会」は、青森県青森市で毎年8月に開催される青森ねぶた祭の最終日の夜に行われる花火大会。青森県内で最大の花火大会であり、毎年多くの人出で賑わっている。打ち上げの途中にねぶたの海上運行があり、ねぶたと花火のコラボレーションがある珍しい花火大会として広く知られている。10,000発以上の花火が打ち上げられ、ねぶたの海上運行と花火の競演を楽しめるのが最大の魅力と言えるだろう。花火大会前のねぶた祭で大賞を受賞したねぶたなど、5台ものねぶたが海上を運行しその頭上を花火が彩る。この感動が味わえるのは何と言ってもこの「青森花火大会」だけであろう。大型スターマインの打ち上げなども予定されており、豪華なプログラムは一見の価値ありだ。

第63回 青森花火大会

94人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

青森花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/27 12:00更新)

青森ねぶた祭協賛「青森花火大会」について

「青森花火大会」の魅力とは

毎年8月に青森県青森市で開催されている「青森ねぶた祭」。その最後を締めくくる一大イベントが、県内最大規模の青森ねぶた祭協賛のこの「青森花火大会」だ。5台ものねぶたが海上を運行し、その頭上で10,000発以上の花火が打ち上げられる。初回開催は1955年であり、青森市民だけでなく県外の観光客からも愛される花火大会となっている。

この大会の魅力は、何と言ってもねぶたと花火のコラボレーション。ねぶたの海上運行の頭上で数多くの花火が咲き誇る姿は百花繚乱とも称されるほどである。ねぶたの海上運行と花火を同時に鑑賞できるイベントは、世界的に見てもこのイベントだけ。日本人なら一度は見ておきたい夏の風物詩の一つと言えるだろう。もちろん花火大会の醍醐味である大型スターマインでは短時間に何発もの花火が打ち上げられ、メインイベントの一つとして毎年観客たちを魅了している。2004年からは、全席指定の有料観覧席も設けられているので、ゆったり観覧するにはうまく活用したいところである。

2004年に新中央埠頭に初めて有料席が設置されたが、さらに青い海公園にも有料席を加え、全席パイプ椅子の有料指定席を設置。誰でもゆったりと見物できる体制に整備されているところも人気の理由と言えるだろう。ここでしか味わえない日本を代表する花火大会をぜひとも楽しんでほしい。

青森花火大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ