青の祓魔師(エクソシスト)は、加藤和恵による漫画を原作にしたメディアミックス作品である。2009年から集英社の「ジャンプスクエア」にて連載が開始され、2011年からはMBS・TBS系列全国ネットにてテレビアニメ化、2012年12月にはテレビアニメ化最終話の後日談に該当する劇場版が公開されている。テレビアニメ版は、第2期が2017年1月からスタートし、同年の3月まで放送されている。また、舞台化もなされており、初演は2012年で、2014年と2016年に上演されている。ストーリーは、悪魔の血を引く少年の奥村燐を主人公とするダーク・ファンタジーであり、祓魔師になってサタンを倒すことを志す展開となっている。

青の祓魔師(エクソシスト)の日程

799人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

青の祓魔師(エクソシスト)のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/17 12:00更新)

「青の祓魔師(エクソシスト)」について

「青の祓魔師(エクソシスト)」の魅力とは

青の祓魔師(エクソシスト)は、漫画家の加藤和恵による漫画作品であり、それを原作としたアニメや舞台などのメディアミックス作品である。集英社の月刊漫画雑誌「ジャンプスクエア」に掲載された2008年の読み切り漫画を源流とし、2009年から連載が開始され、今も連載中のダーク・ファンタジー漫画が原作である。物語の主人公は、修道院で暮らす15歳の奥村燐と、双子の弟である雪男であり、ある日、突如「父」を名乗る魔神(サタン)が現れ、悪魔が棲む虚無界へと連れ去ろうとするが、高名な祓魔師で養父の藤本獅郎は命を懸けて燐を守り死んでしまう。燐は祓魔師になってサタンを倒すことを志すという物語であり、祓魔師養成機関「祓魔塾」へ入り、既に祓魔師として活動していた雪男の指導のもと、同じく祓魔師を志す仲間たちと共に学んでいく。2011年からテレビアニメ第1期、2017年から第2期が放送され、2012年末には第1作の後日譚にあたる劇場版アニメが公開されている。そのほか2012年と2014年、2016年には舞台化されている。2014年版ではアニメ第2期より早くその内容を舞台化し、話題になった。今後どのように展開していくのか楽しみな作品である。

青の祓魔師(エクソシスト)が好きな方はこんなチケットもおすすめ