アンチゴーヌ(ANTIGONE)は、劇作家ジャン・アヌイの代表作品である。長い間、世界中で上演され続けている有名な悲劇作品を豪華俳優陣の競演で届ける本作。主演のアンチゴーヌ役を蒼井 優、クレオン役を生瀬勝久が務める。この他に梅沢昌代、伊勢佳世、佐藤誓、渋谷謙人、富岡晃一郎、高橋紀恵、塚瀬香名子などの実力派俳優陣が脇を固め、壮絶なドラマが繰り広げられる。2018年1月、この話題の舞台「アンチゴーヌ」が新国立劇場小劇場にて上演される予定だ。この機会をお見逃しなく。

アンチゴーヌ(ANTIGONE)の日程

62人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

アンチゴーヌの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アンチゴーヌのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/20 00:00更新)

アンチゴーヌについて

アンチゴーヌの魅力とは

アンチゴーヌの舞台は古代ギリシャ。テーバイの王・オイディプスは、長男のポリニス、次男のエテオークル、長女のイスメーヌ、次女のアンチゴーヌという、4人の子を残したが、長男と次男は、仕組まれた王位争いが原因でこの世を去る。以後、王位に就いた前の王の弟クレオンは、エテオークルは厚く弔いしたが、ポリニスは国家への反逆者として、ポリニスの埋葬を禁じ遺体を野に曝して、これに背く者があれば死刑にするよう命じる。しかし、アンチゴーヌはこの命令に背いてポリニスの遺体に土をかけて弔い、捕えられてしまう。王は彼女の命を助けようと試みるが、それでもアンチゴーヌは兄を弔うことを止めようとしなかった。王は仕方なく、国の秩序を守るために苦渋の決断を下す。そして、アンチゴーヌに生き埋め刑執行の刻が近づく…。

主演の蒼井は以前、栗山の演出する舞台「あわれ彼女は娼婦」に出演しており、共演する伊勢とは伊勢の演出する舞台「楽屋 流れ去るものはやがてなつかしき」で共演している。本作品がどのように描かれ、演技されるか期待が高まるところだ。豪華キャスト揃いの現代に問う意欲作「アンチゴーヌ」を体感しに会場へ足を運んでみてはいかがだろうか。

アンチゴーヌ(ANTIGONE)が好きな方はこんなチケットもおすすめ