映画「暗殺」は2015年に韓国で公開された映画。韓国で1270万人を動員し、国民の4人に1人がみたことになるほどの大ヒットを記録した映画であり、同時に韓国映画の歴代一日最多観客数で2位の記録を打ち立てた。「青龍映画賞」作品賞を筆頭に2015年の映画界を席巻した話題作である。本作の舞台は日本統治下の朝鮮。暗殺作戦をめぐって運命が交錯するスナイパー、密偵、殺し屋の姿を描いている。日本公開版のポスターのコピーにある「裏切りか、信念か」という言葉通り、彼らを待ち受けるのは非情な運命である。日本では2016年7月から「暗殺」が公開される。韓国映画界を席巻した映画をぜひ楽しんでいただきたい。

暗殺 映画の日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

映画「暗殺」について

映画「暗殺」とは

韓国で1270万人を動員し、国民の4人に1人がみたことになるほどの大ヒットを記録した映画「暗殺」。2015年に韓国で公開され、韓国映画の歴代一日最多観客数で2位の記録を打ち立てた。
キャストも「猟奇的な彼女」で日本でも人気の高いチョン・ジヒョン、「新しき世界」のイ・ジョンジェ、「テロ、ライブ」のハ・ジョンウに前作「10人の泥棒たち」で高い評価を得たチェ・ドンフン監督と豪華なメンバーが集結。「青龍映画賞」作品賞など数々の賞を受賞したことなどと併せて2015年の映画界を席巻した話題作である。

本作の舞台は日本統治下の朝鮮。スナイパー、密偵、殺し屋といった歴史の表舞台には決して名を残さない者たちの物語を描く。それぞれの信念を胸に任務に赴く彼らであったが、日本公開版のポスターのコピーにある「裏切りか、信念か」という言葉通り、彼らを待ち受けるのは非情な運命である。

これまでの韓国映画とは異なり、「日本人」よりも「祖国を裏切った対日協力者」をより強く非難しているという点でこれまでにない映画と評されている本作、扱っているテーマは難しいものであるがぜひ一度劇場に足を運んで鑑賞していただきたい。

暗殺 映画が好きな方はこんなチケットもおすすめ