杏里 2017 ANRI LIVE取扱中!1978年「オリビアを聴きながら」で歌手デビューした杏里(ANRI)は、今に至るまでCMソングやテレビ主題歌などを多く手掛け、ヒット曲を次々と生み出してきた。1983年に日本テレビ系で放送されたアニメ「キャッツ アイ」で主題歌を務め、主題歌に起用された楽曲「CAT’S EYE」はオリコンチャートで5週連続の1位を獲得し大ヒットとなった。その直後に発売されたシングル「悲しみがとまらない」も続けてヒット作となり、年末には紅白歌合戦へ初出場を果たし、トップアーティストとしての地位を確立した。現在は歌手としての活動だけではなく、プロデュースや作曲、作詞、他のアーティストへの楽曲提供も手掛けるなど幅広く活動している。

杏里 2017 ANRI LIVE

156人が登録中

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

杏里(ANRI)のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(3/26 12:00更新)

杏里(ANRI)について

杏里(ANRI)の魅力とは

ダンスミュージックからバラードまで多種多彩な楽曲を歌いこなす杏里(ANRI)。その抜群の歌唱力と表現力は聴く者を瞬く間に魅了する。
1978年に「オリビアを聴きながら」でデビューして以来、CMソングやテレビ主題歌などを手掛け数々のヒット曲を生み出してきた。1980年代に入ると「CAT’S EYE」「悲しみがとまらない」「SUMMER CANDLES」などヒット曲を連発し、日本中にアーティスト杏里の名を轟かせた。
1998年に開催された長野オリンピックでは、公式イメージソング「SHARE 瞳の中のヒーロー」を発表し、閉会式では「故郷」を熱唱、世界にその勇姿が放映された。
80年代~90年代の杏里のライブは「縁結びコンサート」と呼ばれており、ライブ会場でファン同士が意気投合し何組ものカップルが誕生、そして結婚し現在ではその子供と共に2世代でライブを楽しんでいるというファンが多くいる。
現在は日本国内にとどまらず、海外アーティストとのコラボ楽曲や洋楽テイストの楽曲をセレクトしたコンセプトアルバムを発売するなど、国内外問わず幅広い活動を行っている。また、杏里のライフスタイルやファッションには、幅広い世代の女性から高い支持を得ており、常に世の女性たちの憧れの的である。

杏里(ANRI)が好きな方はこんなチケットもおすすめ