ミュージカルアニー取扱中!「ミュージカルアニー」は、「小さな孤児アニー」を原作としたブロードウェイミュージカル作品。「小さな孤児アニー」は1924年ハロルド・グレイ氏により「ニューヨーク・デイリーニュース」に連載された漫画である。ミュージカルの脚本は、1977年当時人気コメディーを手掛けていたトーマス・ミーハン氏が担当。「ミュージカルアニー」は国民に熱狂的に愛され、初公演があった年にはトニー賞7部門を総ざらいしたという。チケットの売れ行きは常に順調で、2377回の上演を果たしている。日本版「ミュージカルアニー」は、原作が作られた大恐慌時代のアメリカを知らない人にもわかりやすく伝わるように、細心の注意が払われリメイクされての開幕であった。それ以降も毎年オーディションによるキャストの入れ替えがされており、常に時代に合わせて進化し続けている。

ミュージカルアニー

1,119人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ミュージカルアニーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/17 12:00更新)

「ミュージカルアニー」について

「ミュージカルアニー」の魅力とは

「ミュージカルアニー」の原作となった「小さな孤児アニー」は、当時大恐慌のアメリカで夢と希望を見出そうとしていた人々の心に響き、50年以上の連載が続いた。ブロードウェイの「ミュージカルアニー」では、国民に愛され続けている少女アニーを生き生きと描き出し、ミュージカル作品としても大絶賛され、1983年までのロングランとなった。日本では1978年に東宝版として初上演されたが、本格的に始動を始めたのは1986年であった。その後日本テレビの主催で、現在に引き継がれる「ミュージカルアニー」が誕生。また、アニー役の少女はWキャストで、常に子役にとって憧れの役柄である。2013年のオーディションでの競争率は、4500倍にも上ったという。

舞台は、1933年世界大恐慌直後のニューヨーク。仕事や住む家がなくなり希望を失う人々があふれる中、11年前孤児院の前に置き去りにされた少女のアニーは日々を前向きに過ごしていた。それもいつか両親が迎えに来てくれると信じていたから。ある日、大富豪オリバー・ウォーバックスに気に入られたアニー。ウォーバックスは、アニーを養女にしたいと思うまでになる。しかしアニーは、本当の両親と暮らすという夢を捨てられなかった。ウォーバックスはアニーのため、両親を捜すことを決意する。捜すための懸賞金に目がくらんだ人々の登場でアニーの夢はどうなってしまうのか…。

2017年の公演では、16年ぶりに演出を一新。舞台セットや衣裳、ダンスなど、これまで以上にグレードアップしてさらに魅力的なステージとなることだろう。上演が楽しみだ。

ミュージカルアニーが好きな方はこんなチケットもおすすめ