劇作家の清水邦夫が主宰していた劇団「木冬社」で、1978年に初演、1996年に再演され、これまで岸田今日子や松本典子、山崎勉、蟹江敬三ら名立たる名優たちによって演じられてきた歴史に残る名作戯曲「火のようにさみしい姉がいて」が、現在の日本演劇界のトップを行く大竹しのぶ、宮沢えりの二人の競演と、世界の蜷川幸雄の演出によって甦ります。実力派の女優の二人が、舞台で初めての競演ということで、大きな話題を集める本作。

火のようにさみしい姉がいての日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

火のようにさみしい姉がいての過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

火のようにさみしい姉がいてのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 00:00更新)

火のようにさみしい姉がいてについて

火のようにさみしい姉がいての魅力とは

これまで数々の清水邦夫作品の演出を手掛けてきた蜷川幸雄であるが、意外にも「火のようにさみしい姉がいて」は初めて演出を手掛けるという事でも大きな話題を集めています。これまで大竹しのぶ、宮沢りえそれぞれの舞台演出をてがけてきた蜷川幸雄が、二人の実力派女優の魅力を、伝説の戯曲の舞台でどのように昇華させるのか注目が集まります。その他脇を固めるキャスト陣も段田安則や、山崎一、平岳大など実力派が顔を揃え、舞台をさらに魅力的なものにしてくれるはずだ。伝説の戯曲と実力派キャスト陣、そして日本を代表する演出家の蜷川幸雄という、演劇界のトップが交わるまさに贅沢な作品となることもあり、チケットはソールド・アウト必至。是非ともチケットをゲットして、伝説の舞台をその目に焼き付けてください。

火のようにさみしい姉がいてが好きな方はこんなチケットもおすすめ