アンドレアロストは、ハンガリー・ブダペスト出身のソプラノ歌手である。ハンガリーにあるフランツ・リスト音楽院を卒業している彼女は、マリア・カラスコンクールなど様々なコンクールで賞を受賞し、ハンガリー国立歌劇場に所属していた1989年、フランスの作曲家シャルル・グノーが作曲したオペラ「ロメオとジュリエット」のジュリエット役に。デビューを果たした彼女は一躍注目され専属歌手として数々の作品を歌い経験を積んでいった。リリック・コロラトゥーラとして人気を博した彼女は、ジュゼッペ・ヴェルディ作曲の「リゴレット」や「椿姫」、ガエターノ・ドニゼッティ作曲の「ランメルモールのルチア」など悲劇のヒロインを多く演じている。

アンドレアロストの日程

0人が登録中

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

アンドレアロストについて

アンドレアロストの魅力とは

アンドレアロストは、ハンガリー・ブダペスト出身のソプラノ歌手。「ロメオとジュリエット」のデビュー後、経験を積み1991年にはオーストリア・ウィーンにある「ウィーン歌劇場」にてデビュー。後にイタリア・ミラノの「スカラ座」、フランス・パリの「オペラ座」アメリカ・ニューヨークの「メトロポリタン歌劇場」、イギリス・ロンドンの「ロイヤル・オペラ・ハウス」と、全ての世界五大歌劇場で出演を果たしている。
彼女のソプラノの分類は「リリック・コロラトゥーラ」。柔軟で明るい響きや、敏捷性のある歌声。高音域で早いコロラトゥーラが歌える能力が必要になってくる。オペラの舞台やソプラノリサイタルで一時期は頻繁に来日していた彼女。オペラでは1997年に藤原歌劇団の「椿姫」のヴィオレッタ・ヴァレリー役と出演している。
そして、世界的プリマドンナの彼女はかなりの日本通でもある。プライベートでもよく日本に訪れているみたいで、東京だけではなく、京都もお気に入りだそうだ。なお、京都では舞子の恰好をし町家を背景に写真を撮っている画像が確認されている。彼女曰く歴史を重んじるブダペストに似ている部分があり強く惹かれたそうだ。観客を魅了する歌声と美貌を併せ持つ彼女に今後も注目していこう。

アンドレアロストが好きな方はこんなチケットもおすすめ