アンドラデイ(Andra Day)はアメリカ、サンディエゴ出身の歌手である。幼少期はサラ・ジェシカ・パーカーなども通った、School Of Creative and Performing Artsへ入学しダンスや音楽を学んだ。それまではR&Bやポップスを歌っていたアンドラデイであったがその頃からジャズやソウルへ目覚めることとなった。とあるイベントがきっかけでスティービー・ワンダーに見出され、2015年にアルバム「Cheers To The Fall」でデビュー。30歳の新人アーティストとして話題となった。アンドラデイは2016年には2度のグラミー賞候補に、そして恩人であるスティービー・ワンダーとのCM共演も果たし、9月には単独ライブで初来日を予定している。

アンドラデイ(Andra Day)の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

アンドラデイ(Andra Day)について

アンドラデイ(Andra Day)とは

名門School Of Creative and Performing Artsでダンスや音楽を学んだアンドラデイ。
卒業後はジャズやソウルへ傾倒してくことになる。地元である南カリフォルニアでのイベントを偶然スティービー・ワンダーの妻が見かけたのがきっかけで、ジミ・ヘンドリックスを始め、数々の一流ア-ティストと仕事をしてきた敏腕プロデューサー、エイドリアン・ガーヴィッツを紹介されることに。
彼と二人三脚で音楽作りをスタートすると、2015年、アルバム「Cheers To The Fall」でデビュー。30歳の新人アーティストとして話題となった。アルバムからの1stシングル「Forever Mine」の短編ミュージックビデオを手掛けたのは「ドゥ・ザ・ライト・シング」、「マルコムX」などで知られる映画監督スパイク・リー。 彼は社会派の映画監督でありながらマイケル・ジャクソンやエミネムなどのPVも手掛けて来た人物。「Forever Mine」のヴィンテージ感とアンドラデイの持つジャジーでソウルフルな世界観を見事に表現した映画風のPVとなっている。

2016年には2度のグラミー賞候補に、そして恩人であるスティービー・ワンダーとのCM共演も果たし、9月には単独ライブで初来日を予定している遅咲きの大型新人である。

アンドラデイ(Andra Day)が好きな方はこんなチケットもおすすめ