安藤証券オープン 東京 2017取扱中!安藤証券オープン東京は、東京都テニス協会が主催する国際女子プロテニストーナメントである。特別協賛は、トーナメント名にもなっている愛知県名古屋市に本店を構える証券会社の安藤証券株式会社である。2015年に新設され、2017年で3回目の開催となる比較的新しい国際女子プロテニストーナメントに当たるが、レベルが高く注目度も高い大会と言える。大会規模としては、ITF(国際テニス連盟)女子テニスサーキットの大会の一つで、ワールド女子テニスWTAツアーより一つ下のレベルとなっており、賞金総額は10万ドルのITF東京大会に該当する。本大会では、世界ランキング100位代の選手が多くエントリーすることが特徴的であり、世界トップレベルの大会へ出場するための登竜門となっている。

安藤証券オープン 東京 2017

10人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

安藤証券オープンの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

安藤証券オープンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/22 12:00更新)

安藤証券オープンについて

安藤証券オープンの魅力とは

安藤証券オープン東京は、2015年に新設された国際女子プロテニストーナメントである。ワールド女子テニスWTAツアーより一つ下のレベルであり、ITF(国際テニス連盟)女子テニスサーキットの1つであり、ITF東京大会(賞金総額10万ドル)に当たる。そのため、本大会はこれからを期待される若手選手にとって、世界トップレベルの大会へ出場するための登竜門となっており、出場選手は翌年の1月に開催されるテニス4大メジャーの初戦である、オーストラリアンオープンへの本戦入りまたは予選入りを視野に入れることが出来る。

初回開催の2015年大会では、当時世界ランキング186位で出場した中国のジャン・シューアイ選手が見事優勝を果たし、2016年には世界ランキング28位まで飛躍的な活躍を見せるなど、見所も多いと言える。なお、2016年大会では、ジャン・シューアイ選手が連続優勝を果たし、ディフェンディング・チャンピオンとして君臨しており、2017年大会ではどのような戦いを見せるのか期待されている。総じて、比較的若手選手が多く出場する大会ながら、ハイレベルな戦いが繰り広げられており、今年も見応えのある試合が多いことが予想される。

安藤証券オープンが好きな方はこんなチケットもおすすめ