全国ツアー公演 劇団四季 アンデルセン取扱中!劇団四季「アンデルセン」とは、劇団四季によるミュージカル演目の一つ。大人のための青春物語を謳っており、タイトルからもわかる通り有名なデンマークの童話作家、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの若き日を描いた作品だ。本作は2017年6月から福岡キャナルシティ劇場より開幕され、その後7月からは全国公演が開始される予定となっている。日本人にとっても馴染み深い数多の童話の生みの親であるアンデルセン。本当は怖い童話として語られる作品が多いが、彼は何を思って物語を紡ぎ、そして現代に語り継がれるまでの作家になっていったのか。美しい音楽とクラシック・バレエが彩るアンデルセンの青春の日々、ぜひお近くの劇場で感動を味わってみてほしい。

全国ツアー公演 劇団四季 アンデルセン

516人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

伊丹ホール 他13会場

島根県民会館他1会場

鹿児島市民文化ホール

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アンデルセンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/18 06:00更新)

劇団四季「アンデルセン」について

劇団四季「アンデルセン」の魅力とは

劇団四季「アンデルセン」は、劇中で使われるフランク・レッサーの美しく親しみやすい楽曲が非常に耳に残るミュージカルだ。世界中で愛され続けている童話作家のアンデルセン。親指姫、人魚姫、みにくいアヒルの子、はだかの王様…誰もが一度は見聞きしたことがある彼の童話は、感動的な話も多い一方で実は恐ろしい話が多いことでも知られている。それは彼の半生が滲んだものでもあり、ままらないことが多い人生における創作活動の中で、やがて自らの生きる道を見出していく彼の青春がこのミュージカルでは綴られている。

本作では、アンデルセンが物語の王様になるまでのストーリーが美しい音楽とクラシック・バレエと共に繰り広げられていく。劇中には我々が幼いころから慣れ親しんできたアンデルセン童話の要素がちりばめられており、彼の童話を見たことがある人は非常に楽しめるだろう。また大人のための青春物語と銘打たれてはいるが、アンデルセンはもともとファミリーミュージカル「ハンス」として上演されていたものであるため、子供でも比較的楽しめる内容となっている。童話という身近なものがミュージカル内に組み込まれているため、子供の観劇デビューの作品として親子で楽しんでも良いかもしれない。

劇団四季 アンデルセンが好きな方はこんなチケットもおすすめ