アンティック-珈琲店-(アンティックカフェ)は、5人組のヴィジュアル系ロックバンドだ。2003年5月に結成し、コンセプト「WhiteCafé」は「何ものにも染まっていない真っ白な状態からスタートし、無限の可能性を広げていきたい」という意味を持っている。このコンセプトを掲げてバンド活動を開始。デビューまでに2度の日本武道館公演、さらにワールドツアーなども行ってきた。2010年1月の武道館公演をもって活動休止をするが、2012年4月に活動再開を発表。2016年の8月に「千年DIVE!!!!!」で待望のメジャーデビューを果たした。「千年DIVE!!!!!」は、オリコン週間チャート8位を獲得し、初のTOP10入りを記録した。勢いの止まらない彼らは2017年の2月に最新アルバム「ラフ・ソング 」をリリース。今後の活躍から目が離せない。

アンカフェの日程

277人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アンカフェのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/25 00:00更新)

アンティック-珈琲店-について

アンティック-珈琲店-の魅力とは

アンティック-珈琲店-のメンバーは、ボーカルのみく、ギターのtakuya、ベースのカノン、キーボードのゆうき、ドラムの輝喜の5人だ。メジャーデビュー曲「千年DIVE!!!!!」は、大黒摩季が作詞を、doaの徳永暁人が作曲を担当。サウンドプロデュースはさまざまなアーティストの楽曲を手がける平出 悟が担当し、大ヒットを記録した。

2017年の3月、SHIBUYA CLUB QUATTROで「LIVE CAFE TOUR‘17 キミたちに届けたいラフ・ソング」が開催された。どんどんと進化を続ける彼らのライブは、クールでロックなサウンドが好評。ライブではクールな面だけでなく、ファンサービスとしてバンドの公認キャラクターのニャッピーくんが登場しバンドメンバーとやりとりするなどという一面もある。会場はさらに盛り上がり、ファンにはたまらない楽しさ満載のライブだ。常にファンへ感謝する、その率直な想いが自然にバンドを熱くし、会場を熱さでつつみ込む。ライブ最後の「ラフ・ソング」は会場全体で大合唱になった。ボーカルのみくは「一個一個、温かいものが転がってるように見えた」と語っている。ファンとの気持ちを繋ぎながら、活動を続けるからこそ語れる言葉だ。

アンティック-珈琲店-は2017年も精力的にライブを開催する。多くのファンに会うため開催地を巡ることだろう。熱いライブを体験しに行こう。

アンカフェが好きな方はこんなチケットもおすすめ