アモルフィス(Amorphis)は、フィンランドのヘヴィメタルバンドである。 2015年9月、2013年にリリースした通算11枚目のスタジオアルバム「サークル」以来およそ2年ぶりとなるニューアルバム「アンダー・ザ・レッド・クラウド」をリリースしたばかりのアモルフィスだが、この度2016/1/25(月)大阪・1/27(水)東京で来日公演を行うことが決定した。 これまで3rd「ELEGY」リリース後の1996年12月に初来日を果たした後、2007年8th「SILENT WATERS」発表後の10月「LOUD PARK 07」で約11年振りに来日、2012年5月単独ツアーで来日、と数年おきではあるが定期的に来日してくれているアモルフィス。 魂を揺さぶられるメタルロックを2016年日本で体感できるとあって、チケットの入手は非常に難しい状況になりそうだ

Amorphis(アモルフィス)の日程

22人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Amorphisの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Amorphisのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

Amorphis(アモルフィス)について

アモルフィス(Amorphis)は、フィンランド産メランコリック・メタルの英雄とも称されるヘヴィメタルバンドである。 バンド名はエサ・ホロパイネンが無定形、組織がないという意味がある単語「amorphous」から文字ってつけられた。 90年秋にヤン・レックベルガーと共に地元フィンランドでバンドを結成後、93年に1stアルバム「THE KARELIAN ISTHMUS」を発表。

そして94年にメロディック・デス・メタル史上に残る傑作と称される2ndアルバム「TALES FROM THE THOUSAND LAKES」をリリース。こちらはフィンランドの民族叙事詩「カレワラ」に基づくコンセプトアルバムとなっており、初期のメロディックデスメタルサウンドにフィンランドの民族音楽を取り入れることで、アモルフィスにしか出せない独特のメタルサウンドを完成させるに至った。

その後もメンバーの脱退加入を繰り返しバンド休止時期も経たが、数多くのアルバムをリリースし、日本にも度々来日を果たしている。 哀愁感たっぷりの超個性的なメロディ&サウンドが世界中のメタルファンの心を掴んで離さない偉大なるバンド アモルフィス。来日公演の際のチケット申込みは毎回激戦で、日本でもその人気の高さがうかがえる。

Amorphis(アモルフィス)が好きな方はこんなチケットもおすすめ