アマヤドリ(Amayadori)は広田淳一主宰による劇団である。2001年に東京大学の学生劇団を母体にして、「ひょっとこ乱舞」として旗揚げ。その後2011年に「大爆破」に改名し、更に2012年に「アマヤドリ」となり現在に至る。同年には「幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい」で横浜、北海道、福岡、京都をまわる初の国内ツアーを敢行。現代口語から散文詩まで扱うそのスタイルは「変幻自在の劇言語」と高く評価されている。「ひょっとこ乱舞」から通し、作品の脚本・演出は全て広田淳一が手掛け、日常会話や詩的表現を使い、更に身体的な表現も使い世界観を作り上げている。これら喋り芸に加え、クラッピングや群舞などの音楽、ダンス的な要素も盛り込み熱量と躍動感ある舞台作りが特徴だ。

アマヤドリ(Amayadori)の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

劇団アマヤドリ(Amayadori)について

劇団アマヤドリ(Amayadori)とは

広田淳一主宰による劇団アマヤドリ(Amayadori)。2001年に東京大学の学生劇団を母体にして、「ひょっとこ乱舞」として旗揚げ。その後2011年に「大爆破」に改名し、更に2012年に「アマヤドリ」となり現在に至る。同年には「幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい」で横浜、北海道、福岡、京都を周り初の国内ツアーを敢行。現代口語から散文詩まで扱うそのスタイルは「変幻自在の劇言語」と高く評価されている。

2014年には豊島区池袋に「スタジオ空洞」をオープンし、劇団メンバーが運営にあたっている。このスタジオは演劇やダンスなどの用途での貸し出しはもちろんのこと、アマヤドリとしてもミニ公演「雨天決行」シリーズを上演。地道に作品を練り上げる拠点として使用されている。
「ひょっとこ乱舞」から通し、作品の脚本・演出は全て広田淳一が手掛けている。
日常会話や詩的表現を使い、更に身体的な表現も使い世界観を作り上げている。これら喋り芸に加え、クラッピングや群舞などの音楽、ダンス的な要素も盛り込み熱量と躍動感ある舞台作りが特徴だ。

アマヤドリでは演劇を通して観客が楽しむのはもちろんのこと、孤独な魂をつながりに変えることが演劇には出来ると信じ、日々努力を重ねている劇団である。

アマヤドリ(Amayadori)が好きな方はこんなチケットもおすすめ