京都公演 尼神インターのチケットを取り扱い中です。 多くのミュージシャンに愛されてている京都の老舗ライブハウス磔磔(タクタク)は酒倉を手作りで改造した独特の雰囲気が楽しめる空間を提供してくれます。大阪ミューズに次ぐ、ミューズ系列2号店のKYOTO MUSEは、メジャーやインディーズのどちらに偏ることのないブッキングに音楽ファンに愛されています。また、たくさんの伝統と歴史があふれる日本最古の劇場である南座などもあります。チケット到着まで代金は運営預かりだから安心!オークションや掲示板より簡単。 尼神インターのチケット売買はチケットキャンプにお任せください。

尼神インターの日程

89人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

京都公演 尼神インターの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

尼神インターのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/20 18:00更新)

尼神インターについて

尼神インターの魅力とは

尼神インターは、ボケ担当の誠子と、ツッコミ担当の渚の2人からなる女性お笑いコンビである。所属事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシーであり、2人ともNSC大阪校30期生で、同期にはプリマ旦那やバンビーノがいる。誠子は大学進学が決まっていたが辞退してNSCに入学し、渚はNSC入学前に5年間大工をしており、その甲斐あってか特技が大工あるあるを言う事である。芸風は主に漫才で、場合によってコントもこなすこともある。尼神インターはブスとヤンキーといったキャラクター性を土台に、誠子がネタを作成している。特に誠子がお笑いタレントの「ほんこん」に似ていると言われる事が多く、ブスでぶりっ子キャラの誠子が痛い感じのキャラクターを演じるネタが基調となっている。見てくれのインパクトもあるが、もちろんお笑いの実力も高く、2015年にはM-1グランプリで準決勝進出、同年のオールザッツ漫才では見事優勝を果たしている。また、翌2016年の第37回ABCお笑いグランプリでは決勝に進出するなど、確かな実力でじわじわと人気を集めている。さらに2017年の第二回上方漫才協会大賞では、各メディアで話題になったコンビとして話題賞を受賞した。

尼神インターが好きな方はこんなチケットもおすすめ

公演、アーティストから探す