東京アマデウス管弦楽団は1973年に当時の東京大学音楽部管弦楽団のOBで結成された楽団である。年齢は20代から60代までと幅広く、音楽に造詣の深いサラリーマンを中心に構成されている。創立から30年間は長らく東京大学音楽部管弦楽団の指導にあたり、ヴィオラ演奏家でも知られる玉置勝彦が指揮を取っていたが2004年以降はゲルハルト・ボッセや三石精一、ジェフリー・リンクや石川星太郎など演奏会ごとに指揮者を迎えている。年2回の定期演奏会や、地方での夏の演奏会、合唱やバレエの伴奏など特別演奏会も行っている。東京アマデウス管弦楽団は名前にあるモーツァルトに拘ることなく様々な幅広い楽曲を演奏することで知られる楽団である。

東京アマデウス管弦楽団の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

東京アマデウス管弦楽団について

東京アマデウス管弦楽団とは

1973年に当時の東京大学音楽部管弦楽団のOBで結成された東京アマデウス管弦楽団。年齢は20代から60代までと幅広く、音楽に造詣の深いサラリーマンを中心に様々な職業の団員で構成されている。創立から30年間は玉置勝彦が指揮を取っていたが、2004年以降はゲルハルト・ボッセや三石精一氏、ジェフリー・リンクや石川星太郎など演奏会ごとに指揮者を迎えている。

得意なレパートリーはいわゆる「ドイツもの」で「ドイツ正統派」継承を目指している管弦楽団となっている。名前にも冠しているモーツァルトを必ずプログラムに組み込むという決まりは特になく、ハイドン、ベートーヴェン、シューベルトなど様々な交響曲を幅広く演奏。モーツァルトの「フィガロの結婚」、ワーグナー「ワルキューレ」第1幕やブラームス「ドイツ・レクイエム」など声楽の付いた楽曲も数多く演奏した実績を持っているほかに、メンデルスゾーン「夏の夜の夢』や ヴェルディの「椿姫」なども演奏の経験を持つ。

また他の合唱団からの招きに応じて管弦楽つきの声楽曲の演奏会にも参加、年2回の定期演奏会や、地方での夏の演奏会、合唱やバレエの伴奏など特別演奏会など非常に精力的に活動している。

東京アマデウス管弦楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ