「アマデウス」はイギリスの劇作家ピーター・シェーファーによって作られた戯曲である。アマデウスとはヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのミドルネームから付けられた。言葉としての意味は「神に愛される」である。初演は1979年のロンドンのオリヴィエ劇場で上演された。1980年にはアメリカに渡り、ニューヨーク・ブロードウェイのブロードハースト劇場で上演。日本でも、1982年にサリエリ役を九代目松本幸四郎、モーツァルト役を江守徹で公演された。その後もサリエリ役の幸四郎を固定しつつ、モーツァルト役を市川染五郎、武田真治が演じながら上演され続けている。1984年には映画化もされている。

アマデウスの日程

1,736人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

アマデウスの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アマデウスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(2/20 06:00更新)

アマデウスについて

アマデウスの魅力とは

天才音楽家モーツァルトと同じ時代を生きた音楽家サリエリを取り上げた舞台劇「アマデウス」。史実とは違うものの実際にいた2人の音楽家の間にただならぬものがあったとする物語だ。アマデウスという題名はヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのミドルネームから取ったものである。アマデウスの言葉としての意味は「神に愛される」。劇作家ピーター・シェーファーによって作られた戯曲で、1979年にロンドンのオリヴィエ劇場で初演されている。1980年にはアメリカ合衆国のニューヨーク・ブロードウェイにあるブロードハースト劇場でも上演された。1981年には戯曲部門でトニー賞に輝いた。

さらには日本でも1982年に上演されている。サリエリ役は九代目松本幸四郎、モーツァルト役は江守徹であった。以降、モーツァルト役を七代目市川染五郎、武田真治と代えて、400回を優に超える上演回数を記録している。2017年9月には幸四郎という名では最後のサリエリ役をモーツァルト役の桐山照史と共に上演する。既にこの舞台や映画を見た人にとって九代目松本幸四郎の最後のサリエリ役の芝居を観に行く価値は十分にあるだろう。

アマデウスが好きな方はこんなチケットもおすすめ