全日本バレーボールは、国際大会で編成される男子・女子バレーボールのナショナルチーム。最近は、「サッカー日本代表」のようにナショナルチームを日本代表と呼ぶことが一般的だが、日本バレーボール協会では、現在も「全日本」「全日本チーム」と一貫して呼んでいる。また、チームの愛称も協会が公募をおこない、「龍神(りゅうじん)NIPPON」・「火の鳥NIPPON」に決定し現在も定着している。また、バレーボールのナショナルチームでは毎年若い選手が選出されることもあり、それが魅力の一つとも言える。近年、バレーボール観戦の人気も上昇し特に国際大会のチケットは争奪戦となっている。今後も全日本バレーバールチームから目が離せない。

全日本バレーボールの日程

220人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

全日本バレーボールのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 06:00更新)

全日本バレーボールチームについて

全日本バレーボールの魅力とは

全日本バレーボールは、国際大会で編成される男子・女子バレーボールのナショナルチームで、正式名称は「全日本男子バレーボールチーム」「全日本女子バレーボールチーム」となっている。現在は、サッカーなどでも良く耳にする「日本代表」が一般的となっているがかつては日本のナショナルチームを「全日本」と呼ぶのが通称であった。バレーボールにおいても報道機関などによっては「バレー日本代表」などと呼ばれる場合もあるが、日本バレーボール協会では一貫して「全日本」「全日本チーム」という呼び方を現在でも採用している。また、日本バレーボール協会では、メディアが発信する○○ジャパンという呼び方ではなく協会自らキャッチフレーズを提唱していることも特徴的である。2009年の公募で、男子が「龍神(りゅうじん)NIPPON」・女子が「火の鳥NIPPON」という愛称になっている。それぞれ「龍神くん」「火の鳥ちゃん」というキャラクターも存在し、子供たちからも支持を集めている。協会のそういった取り組みもあり、近年はバレーボール観戦も人気が上昇している。また、全日本男子が2015年にアジア選手権優勝、全日本女子は、2010年の世界選手権3位・2012年のオリンピックで3位になるなどの好成績も収めている。2016年は、リオデジャネイロオリンピックが開催されるため、好成績を収めてくれることを期待したい。

全日本バレーボールが好きな方はこんなチケットもおすすめ