第86回全日本フィギュアスケート選手権大会取扱中!全日本フィギュアスケート選手権大会は、日本スケート連盟が主催する選手権大会だ。1922年長野県諏訪湖にて日本初の全日本競技会が開催。同大会は1930年に第1回が開催され、1942年~1946年に戦時中の為の中止を挟み、2017・2018年シーズンで第86回を数える。開催はされたが第17回大会は暖気の為、第18回大会は女子の参加なし、第20回は男子が参加1名の女子が参加なしと時代を物語る内容となっている。男子は第1回、女子が第6回、ぺアが第21回、アイスダンスが第25回から開始。開催場所は全国各地で開催され東京を始め、大阪・札幌・長野・埼玉・名古屋・横浜・京都・福岡等と幅広い。第86回大会は東京・調布の武蔵野の森総合スポーツプラザで開催予定である。

第86回全日本フィギュアスケート選手権大会

5,003人が登録中

枚数

表示条件

  • 公演名
  • 日時・場所
  • 希望条件
  • 枚数・価格
  • 残り時間

全日本フィギュアスケート選手権大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/20 18:00更新)

全日本フィギュアスケート選手権大会について

全日本フィギュアスケート選手権大会の魅力とは

全日本フィギュアスケート選手権大会は、日本スケート連盟が主催する選手権大会だ。
男子女子のシングルスケーティングは、約2分40秒の演技を行うショートプログラム、男子は4分半で女子が4分の時間内に演じるフリースケーティングで構成されている。ペアもショートとフリーで構成され、スロージャンプやリフトなどアクロバティックで危険を伴う技も多い。アイスダンスは、氷上の社交ダンスと称されている。ペアとの違いは、ジャンプやリフトが制限され男女が離れてはいけないというルールになっている。

参加資格は、前年度に好成績を収めシード権を取得している選手や推薦された選手。また、全国を6つのブロックに分け上位の選手が東日本選手権・西日本選手権に進み大会で上位入賞した選手だけが、日本のトップスケーターを決める同大会に参加する事が可能となっている。
今大会の免除者は、前回大会の上位者である宇野昌磨、田中刑事、無良崇人。予選免除の羽生結弦。女子は宮原知子、樋口新葉、三原舞依。予選免除は本郷理華、本田真凜、白岩優奈等。近年日本ではスケートブームで、開催される試合はプラチナチケットと呼ばれる程である。今回も名だたる選手が出場する予定で盛り上がる事間違いなしだ。

全日本フィギュアスケート選手権大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ