日本でも2回のドラマ化やミュージカル化など、今なお人々に感動を与え続ける不朽の名作「アルジャーノンに花束を」が2017年春、キャストを一新して上演することが決定した。主演を務めるのは、2009年「合唱ブラボー」で俳優デビューし、2016年にはテレビアニメ「SUPER LOVERS」のオープニング曲「おかえり。」でアーティストデビューもしている俳優、矢田悠祐。矢田が演じるチャーリィ・ゴードンは32歳だが、知能は6歳並の知的障害者であり、脳手術を受けてからは誰もを圧倒する天才となる2面性を兼ね備えている。そのため、演技の難易度は非常に高い。矢田がチャーリィをどのように演じるのか、現在も色濃く輝く名作をぜひチケットを入手しご覧いただきたい。

アルジャーノンに花束をの日程

211人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

アルジャーノンに花束をの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アルジャーノンに花束をのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/23 00:00更新)

アルジャーノンに花束をについて

アルジャーノンに花束をの魅力とは

「アルジャーノンに花束を」は、作家ダニエル・キイスが1959年に発表したSF小説である。翌年にヒューゴー賞を受賞し、1967年には長編小説として改作され、ファンタジー小説の最優秀作品を決定するネビュラ賞を受賞している。

32歳にも関わらず、6歳ほどの知能しか持たない知的障害者のチャーリィ・ゴードンは店主ドナーのパン屋で働きながら精神遅延成人センターに通っていた。ある日クラス担任の大学教授アリスから開発されたばかりの脳手術を受けるよう勧められ決行。チャーリィはみるみる知能が発達していき、周りから天才と呼ばれるようになる。しかし、以前の無邪気なチャーリィとは別人となっていく様子を母やドナーは良く思わず、次第に拒絶されていく。

無邪気な6歳の知能から、人々を凌駕する天才に変貌していくチャーリィの心情の変化を表現した「アルジャーノンに花束を」は、日本でも発行部数300万部を超えており、2002年、2015年と2回ものドラマ化やミュージカル化がされている。そして2017年にはキャストを一新し、主演を人気俳優矢田悠祐が演じるという新生「アルジャーノンに花束を」が上演される。
不朽の名作をぜひ楽しんでいただきたい。

アルジャーノンに花束をが好きな方はこんなチケットもおすすめ