アレクサンドル・タロー(Alexandre THARAUD)は、ヨーロッパを代表するフランスのピアニストである。1968年12月9日生まれで、フランスのパリ出身である。パリ国立高等音楽院を卒業すると、1989年にミュンヘン国際コンクールで第2位を獲得し注目を浴びる。以来、国際的に演奏活動を展開しており、欧米の主要コンサートホールでは、ソロ・リサイタルを開催するほか、プログラムに冒険的なアプローチを取り入れるなど、各所から注目を集めている。また、オーケストラとの共演も多く、これまでに世界の名だたるオーケストラと共演し、その実力を表にした。そのほか、優れた企画によるCDも発表しており、高い評価を受けている。

アレクサンドル・タローの日程

9人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アレクサンドル・タローのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/12 18:00更新)

アレクサンドル・タローについて

アレクサンドル・タローの魅力とは

アレクサンドル・タロー(Alexandre THARAUD)は、個性的なプログラムで注目を集めるフランスのピアニストである。パリ国立高等音楽院を卒業し、1989年にミュンヘン国際コンクールで第2位を獲得、以来フランスを代表するピアニストの1人として国際的に演奏活動を行っている。CD録音にも定評があり、これまでの作品はたヨーロッパの主要音楽誌上で絶賛されているほどである。リサイタル・ピアニストとして世界各地のオーケストラとも共演しており、日本においては日本フィルハーモニー交響楽団や東京都交響楽団等と共演。また、音楽祭にも多数出演しており、これまでにエクサン・プロヴァンスや、ラ・ロック・ダンテロン、エディンバラ国際音楽祭、BBCプロムス、シュレスヴィヒ・ホルシュタインなどに参加している。彼の魅力は、その個性的なプログラムであり、偉大な作曲家の作品に現代作曲家の作品を組み合わせて構成した「ラモーへのオマージュ」などが知られているほか、1日を通してサティの作品を演奏する「ジュルネ・サティ」など、冒険的なアプローチが毎回大きな話題を呼んでいる。そのほかにも、チェリストのジャン=ギアン・ケラスとのデュオでコンサートやレコーディングなどを行うなど、彼の挑戦は止まることを知らないと言える。

アレクサンドル・タローが好きな方はこんなチケットもおすすめ