14世紀の中世スペインを舞台に、『残酷王(エル・クルエル)』と呼ばれ恐れられた実在のカスティリア王ドン・ペドロことペドロ1世の生涯と王国の栄枯盛衰を描いた、「月刊プリンセス」など連載され、1991年には日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した青池保子原作の人気漫画「アルカサル-王城-」が、宝塚歌劇団の星組によって舞台化される。父であるカスティリア王アルフォンソ11世の愛を受けずに育ち、父の病死により15歳で王位を継いでカスティリア王国の国王となったドン・ペドロと、アルフォンソ11世の愛妾レオノール・デ・グスマンの子で、庶子でありながらもアルフォンソ11世から溺愛されて育ち、様々な策謀をめぐらせてドン・ペドロを追い落とし王位を狙うエンリケとの権力闘争、そして権力を持つものの孤独、そして儚くも滅びゆく人間の無常を、宝塚歌劇団がどのように描いていくのか注目を集める今回の舞台。

アルカサル 王城の日程

23人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宝塚歌劇 アルカサル 王城の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 アルカサル 王城のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 18:00更新)

アルカサル 王城について

アルカサル 王城の魅力とは

主演をつとめる十碧れいやと麻央侑希の演技も大きな見どころです。人気作品のミュージカル化ということで、チケットも高い人気を集めること間違いなしの本作。ドン・ペドロを中心とした切なくて儚い、そして哀しくも美しいドラマティックなミュージカル「アルカサル-王城-」は、チケットを手に会場に訪れた人の心に、きっと忘れてはならない何かを残してくれるでしょう。

アルカサル 王城が好きな方はこんなチケットもおすすめ