アル・マッケイ(Al McKay)はアメリカ出身のミュージシャンである。1948年生まれ。アース・ウィンド&ファイアー(E、W&F)のオリジナルメンバーである。主な担当はギター。1981年に同バンドを脱退後、5年の充電期間を経て1991年にL.A.オールスターズを結成。日本でも多くの公演を行っている(E、W&F)を彷彿とさせるパフォーマンスで世間の注目を集めている。2001年にグループ名をアル・マッケイ・オールスターズに変更した。2003年には、日本で行われたライブを収めたアルバム「Live at Mt.Fuji Jazzfestival 2002」をリリースするなど、日本での人気も高い。すべてのバンドで要となっているアル・マッケイの芸術的なギター・カッティングと最高のグルーヴ感を、目の前で体感しよう。

アルマッケイ(Al McKay)の日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

アル・マッケイについて

アル・マッケイの魅力とは

アル・マッケイは、アメリカ出身の名ギタリストである。1972年にアフリカ系アメリカ人によるファンクミュージックバンドのアース・ウインド&ファイアーに正式加入し、その黄金時代を支えた。1973年にはアルバム「ヘッド・トゥ・ザ・スカイ」でゴールド・ディスクを獲得し、1975年リリースのシングル「暗黒への挑戦」ではアルバム・チャートBillboard HOT200で3週間の首位、トリプル・プラチナムを獲得。世界的に大ヒットした「セプテンバー」や「シング・ア・ソング」の作曲も担当するなど、アース・ウインド&ファイアーの躍進に貢献した。その楽曲のいくつかは日本のCMやドラマでも使用され、その存在が日本でも広く知られるきっかけとなった。

1981年にはアース・ウインド&ファイアーを脱退するも、1991年には自らL.A.オールスターズ(のちのアル・マッケイ・オールスターズ)を結成するなど、音楽に対する情熱はまだまだ衰えない。「宇宙のファンタジー」、「レッツ・グルーヴ」、「ブギー・ワンダーランド」、「サタデイ・ナイト」など数々の名曲を演奏し、世に送り出してきた。思わず体が動き出すような、ファンキーでキレ味抜群のギターテクニックを持つアル・マッケイ。日本にも熱狂的なファンが多い彼のサウンドは必聴だ。

アルマッケイ(Al McKay)が好きな方はこんなチケットもおすすめ