ミュージカル『アル・カポネ -スカーフェイスに秘められた真実-』は、作・演出を原田諒氏で作られた、宝塚歌劇団オリジナル作品である。主人公のアル・カポネとは、実在した人物であり、そのカリスマ性からピカレスク作品に、幾度となく取り上げられ続けている。ピカレスクとは、俗に言う悪漢小説であり、悪者側からの視線で描いている作品のことを言う。また、「スカーフェイス」とは、「醜い顔」「怖い顔」「傷のある顔」と言った意味がある。アル・カポネが暗躍していた時代には、スカーフェイスと言えば、カポネを指す隠語にもなっていた。実際、彼の顔には頬から首にかけて、ナイフでの裂傷があったという。

アルカポネの日程

265人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宝塚歌劇 アルカポネの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 アルカポネのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 00:00更新)

アルカポネについて

アルカポネの魅力とは

時代は1920年代、禁酒法を逆手に取り暗黒街からのし上がっていく男がひとり。イタリア系アメリカ人のアル・カポネである。時代は第一次世界大戦後の狂乱のアメリカ。アル・カポネが描かれるとき、好敵手として必ず捜査官エリオット・ネスの姿がある。当時の汚職が蔓延していた警察において、ネスの率いるチームは、「アンタッチャブル(賄賂が利かない人)」と呼ばれるなど、ドラマティックな話題には事欠かない。映画でもアル・カポネを扱う作品では、チケットが飛ぶように売れるのも、そのような背景があるからだろう。そんな悪が華やかに咲き乱れる時代を舞台化するのは、宝塚歌劇の最も得意とする分野でもある。マフィアの顔、アル・カポネを、どのように現代に甦らせるのか?

アルカポネが好きな方はこんなチケットもおすすめ