ヴィジュアル・シーンの雄としてシーンを牽引するSID(シド)のベーシストの明希がAKi名義でソロ・アーティストとしての活動をスタートさせた。ファンにとっては突然の発表で驚きもあるだろうが、SID(シド)のサウンド・クリエイトを担ってきたAkiが、ソロとなってバンドという枠組みから解き放たれたとき、果たしてどんなサウンドを生み出すのか、そしてボーカリストとしてどんな歌声を披露してくれるのか、大きな注目を集めている。そしてGLAYらのサポートドラムとして活躍しているToshi Nagaiや、THE MAD CAPSULE MARKETSの宮上元克、兎-usagi-の加藤貴之、ムックのギタリストのミヤら強力なメンバーが結集して完成した1stフルアルバム「ARISE」を引っ提げてのソロとしての初のライブは、ソロ・アーティストとしてどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、ファンにとってはチケット確保必須の、決して見逃せないスペシャルなライブと言えるでしょう。

明希(AKI)の日程

444人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

明希の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

明希のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/26 18:00更新)

明希(AKI)について

明希(AKI)の魅力とは

明希(AKI)は、4人組ロックバンド「シド」のベーシストだ。彼は2015年1月に初となるフルアルバム「ARISE」をリリースし、ソロアーティストとしての活動を開始した。彼はシドのヒット曲における多くの作曲を手掛けており、ソロ作品でも作詞からヴォーカルまで全てを担当している。疾走感に溢れたロックサウンドには彼の世界観が詰まっており、一度聴いたら虜になってしまうこと間違いなしだ。そして彼の華のあるライブパフォーマンスにも、誰もが釘付けになってしまうほどの魅力がある。

その人気を証明するかのように、彼の行ったファーストライブのチケットは即日完売している。そして2016年1月にはヴィジュアル系ロックバンド「MUCC」とのダブルヘッドラインツアーを敢行し大きな反響を呼んだ。同年5月からは初のソロツアー「HEADZ UP&DO IT!」を敢行し、さらには台湾の大型野外フェスにも出演を果たしている。AKIの人気はとどまることを知らず、2016年に行われた2度目ソロツアー「Doom boombox」も成功に収めた。国内外から注目を集める彼は、これからも音楽シーンを牽引する存在として成長していくことだろう。

明希(AKI)が好きな方はこんなチケットもおすすめ