赤川花火大会は、山形県鶴岡市の赤川河畔を会場に、1991年から開催されている全国でも屈指の花火大会だ。全国から選りすぐりの花火師が集まり、自慢の腕を競い合う「全国デザイン花火競技会」としての位置づけを持ち、赤川の両岸から最大打上げ幅700メートルのワイドスターマインや20号玉の大玉などが打ち上げられ、そのスケール感とデザインの美しさは、全国で類を見ないと高く評価されている。また、花火と音楽の融合も赤川花火大会の特徴の1つで、コンピュータ技術を駆使したミュージック・スターマインや、音楽とセリフのコラボで物語を表現する創造花火などが毎年30万人を超える観客を魅了している。今年は赤川花火大会の有料席から12,000発の花火が真夏の夜空を彩る、音と光のスペクタルをゆっくり味わってみてはいかがだろうか。

赤川花火大会の日程

58人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

赤川花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

赤川花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 00:00更新)

赤川花火大会について

天空のロマンが咲き誇る赤川花火大会

有名花火師が日本の数ある花火大会の中からベスト5選に取り上げた赤川花火大会は、1991年の開催当初から話題を呼んだ大会で、赤川の両岸全長2キロメートルに及ぶ打ち上げ場所から約12,000発の色とりどりの花火が打ち上げられ、スケールの大きさとバラエティーに富んだ内容は日本有数の花火大会として高く評価されている。
全国トップクラスの花火師たちが自慢のデザイン花火を競い合う「デザイン花火競技会」では、他では見ることのできない個性的で斬新なアイディアの花火を目にすることができる。その他、音と光の饗宴のプロローグとなる「オープニング花火」、様々な趣向でショーアップする「ドラマチック花火」、子どもたちへのメッセージを込めて打ち上げられる「市民花火」、打ち上げ幅700メートルの視野がすべて光で満たされる「エンディング花火」など、最後まで目を逸らすことのできない天空のロマンが繰り広げられる。

2016年8月で第26回目を迎える赤川花火大会では、今年も全国から30に及ぶ花火店・花火師たちが集結し自慢の腕を披露する。
真夏の夜空を舞台に、様々な光と音が紡ぐドラマを家族や友人・恋人と心ゆくまで楽しんでみよう。

赤川花火大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ