第27回 赤川花火大会取扱中!赤川花火記念大会 2017は1991年より開始された花火の競技大会である。開催場所は山形県鶴岡市赤川沿いだ。花火を作る職人達の競争の場であり、職人達が丹精込めて作り出した花火を一挙に見る事の出来るイベントである。20年以上も続く大会であり開催時は各地から多くの人が集まる為、落ち着いて見るには有料席を押さえて置く必要がある。第1回から参加する歴史ある花火職人から奇をてらった花火を打ち上げる職人まで参加する。その職人の数は20を超えており、多彩な花火が夏の夜空に打ち上げられる。非常に多くの団体の協力のもと、安全に楽しめるよう気を配った大会を作りあげている。また、大会用にあるいは大会記念のグッズも販売している。

第27回 赤川花火大会

86人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

赤川花火記念大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/21 18:00更新)

赤川花火記念大会 2017について

赤川花火記念大会 2017の魅力とは

東北の花火職人達が多く参加する赤川花火記念大会 2017。毎年8月の中旬に開催される、この大会の醍醐味はやはり多彩な花火の数々である。日本に数多く存在する花火職人達の内、東北の花火を心得た職人達の祭りである。夜空と地形を利用した花火という芸術作品の数々。それを眺められる機会があると言うだけで身も心も躍るだろう。今回の花火大会のプログラムには「ドラマチック花火」という物語調に花火を見せるものや、「クロスオーバーアート エクステンデッド」という音楽と花火を併せて、通常とは違った花火の楽しみ方が出来るようになっている。他にも様々な試みにより仕上げられた、およそ20種類の花火の題目が存在しており、どれも注目すべき作品となるだろう。

ただ、一瞬の花を咲かせる為に、その技術の粋を集めた職人達の心意気。それを存分に味わう為には有料席を押さえて置く必要があるだろう。前もってチケットさえ手に入れてさえ居れば、今年の夏の思い出には十分なひとときを送ることが出来るはずだ。日本の心である花火が現在までにどのような進化を遂げたか知ったなら、花火の新たな可能性を感じる事が出来るだろう。そして、色彩豊かな花火の光によって、見る者の心を明るく照らすだろう。

赤川花火記念大会 2017が好きな方はこんなチケットもおすすめ