全日本吹奏楽コンクールは、優秀な実績を誇るアマチュア吹奏楽団体が全国から集結する音楽コンクールだ。1939年11月11日に創立して以来、日本最大規模の大会として受け継がれている。全国の加盟団体は14,241団体 (2014年)にも及ぶ。編成は、木管楽器・金管楽器・打楽器の作音楽器で構成される吹奏楽編成のみで、オーケストラやブラスバンド編成では参加することができない。また課題曲と自由曲は同一メンバーによる演奏に限定されおり、両曲で12分以内に演奏を終了しなくてはならない厳格な決まりがある。吹奏楽の甲子園と称される今大会では、各団体の熱い思いが込められた戦いが繰り広げられる。果たして今年はどの団体が栄冠を手にするのだろうか。

全日本吹奏楽コンクールの日程

547人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

全日本吹奏楽コンクールの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

全日本吹奏楽コンクールのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 00:00更新)

全日本吹奏楽コンクールについて

全日本吹奏楽コンクールの魅力とは

社団法人 全日本吹奏楽連盟と朝日新聞社が主催する「全日本吹奏楽コンクール」は、毎年開催されるコンクールである。編成は吹奏楽編成のみ認められており、ブラスバンド編成やオーケストラ編成などの参加は不可となっている。また使用できる楽器にも規定があり、チェロや電子楽器は使用不可、エレキベースは2007年度から使用禁止に指定された。そして人数は指揮者を含めず、中学が50名以内、高校と大学が55名以内、職場と一般部門が65名以内として制限されている。

大会の評価方法は、「技術面」と「表現面」に分けてABCDEの5段階で行われていたが、2013年からABCの3段階評価によってAが過半数なら金賞、Cが過半数なら銅賞、それ以外は銀賞という方法に変更された。また審査の公平性をより高めるために、9人のうち「最も高い評価をした審査員1人」と「最も低い評価をした審査員1人」の評価はカットされるという評価方式が採用されている。

全日本吹奏楽コンクールは毎年チケット入手が困難であることで有名だ。そのため早めに情報をチェックして、確保しておきたいところ。本大会は日本最大規模の大会であり、出演者たちの吹奏楽にかける想いが詰まったコンクールとなること間違いなしである。

全日本吹奏楽コンクールが好きな方はこんなチケットもおすすめ