相坂優歌は、2013年から活動している女性声優である。1990年9月5日生まれの千葉県出身であり、所属事務所はアプトプロとなっている。所属レーベルはFlyingDogである。声優としてのデビュー作品は、2013年に発売されたトレーディングカードゲーム「アンジュ・ヴィエルジュ」の日向美海役である。2014年にはテレビアニメ「桜Trick」の野田コトネ役で初レギュラー出演を果たし、以来、アニメやゲームなど多くの作品に出演している。また、2016年にはテレビアニメ「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」のエンディングテーマ「透明な夜空」で、歌手としてソロデビューを果たしており、2オクターブの難曲を見事に歌い上げている。

相坂優歌の日程

64人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

相坂優歌のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/22 18:00更新)

相坂優歌について

相坂優歌の魅力とは

相坂優歌は、歌手としても活動している女性声優である。2012年に専門学校東京ビジュアルアーツ声優学科を卒業すると、現事務所に所属し声優としての活動を本格的にスタートしていく。2013年には、トレーディングカードゲーム「アンジュ・ヴィエルジュ」の日向美海役で声優デビューを果たし、多くの作品に名を連ねるようになっていく。特に2014年に放送されたテレビアニメ「桜Trick」では、テレビアニメ初レギュラーとなる野田コトネ役を演じ、多くの注目を集めた。また、同2014年にはテレビアニメ「甘城ブリリアントパーク」において、エンディングテーマ「エレメンタリオで会いましょう!」及び担当するソロキャラクターシングルで、圧倒的な歌唱力が話題になり、歌手としての道を開拓することに成功している。実際に、ソロデビューシングル「透明な夜空」は2016年に放送されたテレビアニメ「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」のエンディングテーマとして採用されている。そのほか、インターネットラジオの「超!A&G+」では、自身のラジオ番組「相坂くんのリトマス紙」が2016年4月から放送されている。近年、躍進的な活躍を見せており、次世代を担う新人として今後の活躍が期待され、注目が集まっている。

相坂優歌が好きな方はこんなチケットもおすすめ