あいみょんは、兵庫県出身のシンガ―ソングライター。高校卒業後、YouTubeに楽曲をアップすると、ネット上で注目され始める。2015年3月、19歳の時にシングル「貴方解剖純愛歌 死ね」でインディーズデビューを果たした。同年5月に初の全国流通盤となるミニアルバム「tamago」をリリース。2016年11月に放送されたドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」のオープニングテーマ「生きていたんだよな」でメジャーデビューを果たす。2017年9月には1stアルバム「青春のエキサイトメント」をリリース。今後の活躍が大いに期待できるアーティストだ。

あいみょんの日程

138人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

あいみょんのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/25 00:00更新)

あいみょんについて

あいみょんの魅力とは

歌手に憧れていた祖母や音響関係の仕事をしている父親の下で音楽に親しんで育ったあいみょんは、中学の頃からソングライティングを始める。2015年3月、「貴方解剖純愛歌
死ね」でインディーズデビューを果たすが、歌詞の内容が過激であるため各局で放送NG扱いとされる。しかしそれとは裏腹にオリコンインディーズチャートでトップ10入りを果たし話題となる。2016年にはスペースシャワーが近い将来にブレイクが期待されるニューカマーを紹介する新企画である「SPACE SHOWER NEW FORCE」にて10組の1人として選出され、同年4月には「Coca-Cola presents unBORDE 5th Anniversary Fes 2016」に出演。ワーナーミュージック内レーベルであるunBORDEへの加入を発表した。

2017年2月に公開された映画「恋愛奇譚集」では初の書き下ろし作品「漂白」で主題歌を担当。同年5月には2ndシングル「愛を伝えたいだとか」、同年8月には3rdシングル「君はロックを聴かない」を続けてリリースした。1stアルバム「青春のエキサイトメント」には「漂白」を含む全11曲を収録。エキサイティングなファーストフルアルバムとに仕上がっている。今後のリリースやライブ活動が待ち遠しい。

あいみょんが好きな方はこんなチケットもおすすめ