Aerosmith (エアロスミス)は、アメリカのハードロックバンド。マサチューセッツ州のボストンを拠点にする。メンバーはスティーブン・タイラー(Vo)、ジョー・ペリー(G)、トム・ハミルトン(Ba)、ブラッド・ウィットフォード(G)、ジョーイ・クレイマー(Dr)。何度かメンバーを変えたが、最終的にはオリジナルメンバーに戻ったという珍しいバンド。1970年代から活躍し、アメリカのロックバンドスタイルを貫き通す。ゴージャスで華やかなスティーブン・タイラーのパフォーマンスは今も健在。ハードなサウンドと王道のバラードが魅力。リブ・タイラー出演の映画「アルマゲドン」の主題歌「I Don't Want to Miss a Thing」を担当した。2017年4月にスティーブン・タイラーが待望の来日公演を発表。伝説のステージは見逃せない。

エアロスミス(Aerosmith)の日程

399人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

エアロスミスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 18:00更新)

Aerosmith (エアロスミス)について

Aerosmith (エアロスミス)のライブの魅力とは

エアロスミスは、当時すでにプロデビューをしていたスティーブンが、ジョーとトムの演奏を見てバンド結成を決めたのが始まり。出始めこそそれほどの評判を得られなかった『エアロスミス』だが、地道なライブ活動が実り、70年代半ばにはヒットアルバムを連発する。特に日本では、時期を同じくして売れていた『クイーン』『キッス』と並んで『洋楽ロック御三家』と評されていた。

その後、メンバーたちのドラッグ問題などにより一時は解散寸前とまでいわれていたが、1984年にオリジナルメンバーが集まり再出発。ブランクを埋め、ヒットを飛ばして見事に返り咲いた。映画『アルマゲドン』の有名な主題歌を歌ったのも復活後のことである。 現在までに1億5000万枚以上のCD売上を記録する、ロック史に名を残す偉大なバンドの一つだ。70年代の『エアロスミス』は荒削りでズンとくるいかにもロック、復活後はその音楽性に華やかさが加わり、ゴージャスと表現されるまでになった。最近では『B’z』との2度目の共演を果たしたツアーが話題になり、その際のチケットは即完売した。

Aerosmith (エアロスミス) 新着記事

エアロスミス(Aerosmith)が好きな方はこんなチケットもおすすめ