アドルフに告ぐ」は手塚治虫による歴史漫画作品である。日本が世界に誇る漫画家・手塚治虫が漫画雑誌でなく一般週刊誌に連載したのはこれが初めて。ストーリーの舞台となるのは第二次世界大戦前後のドイツ。「アドルフ」というファーストネームを持つ3人の男達が機密文書を巡りながら歴史の流れに翻弄されていく様と多種多様な人たちの数奇な人生が描かれる物語であり。日本やドイツの敗戦、イスラエルの建国、ベルリンオリンピックやゾルゲ事件など様々な歴史的事件が関わってくる。「陽だまりの樹」と並ぶ手塚治虫の後期の代表作である。1986年には第10回講談社漫画賞一般部門を受賞している。マンガの神様・手塚治虫の傑作は当然のごとく舞台化もされている。

アドルフに告ぐ 舞台の日程

10人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

アドルフに告ぐの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アドルフに告ぐのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

手塚治虫原作 舞台 アドルフに告ぐのライブについて

手塚治虫原作 舞台 アドルフに告ぐの魅力とは

手塚治虫生誕80周年である2007年12月に上演されたアドルフに告ぐでは、男優が女性役をも演じる劇団スタジオライフが挑んだ。そして終戦70周年の2015年、劇作家・つかこうへいの「秘蔵っ子」俳優・成河がナチス党員の外交官を父に持つ神戸在住のアドルフ・カウフマン役、松下洸平が亡命ユダヤ人のアドルフ・カミル役、鶴見辰吾が新聞記者・峠草平としてストーリーテラーを担う。舞台「アドルフに告ぐ」チケットは、手塚治虫ファンならずとも手にしてほしいチケットだ。

アドルフに告ぐ 舞台が好きな方はこんなチケットもおすすめ