尚月地の処女作「艶漢(アデカン)」。脚本・演出を手がけるのは、演劇プロデュースユニット・空想組曲のほさかよう。物語の舞台は架空の世界、星燈国にある幻灯町。「艶漢」は妖艶な傘職人・詩郎と、熱血正義漢の巡査・光路郎を中心に描かれるアンダーグラウンド事件簿である。キャストは櫻井圭登(吉原詩郎役)、末原拓馬(山田光路郎役)、「八犬伝 東方八犬異聞」の三上俊(吉原安里役)など。ぜひ横溝正史や江戸川乱歩の作品のような雰囲気を持つ「昭和パノラマ的」な世界観に注目してほしい。

浪漫活劇譚 艶漢の日程

172人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

浪漫活劇譚 艶漢のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 12:00更新)

浪漫活劇譚 艶漢について

浪漫活劇譚 艶漢の魅力とは

今回舞台化する「浪漫活劇譚 艶漢」の原作漫画は、尚月地(なお つきぢ)の処女作である。脚本・演出を手がけるのは、演劇プロデュースユニット・空想組曲のほさかよう。「浪漫活劇譚 艶漢」は、詩郎と光路郎を中心に描かれるアンダーグラウンド事件簿。国内は平和そのものだが、国外では他民族との戦争が絶えず、この事は政府によって伏せられている。特徴は明治〜昭和初期の日本を思わせる「昭和パノラマ」的な世界観だ。詩郎は絶世の美少年であり、かつ「暗器」と呼ばれる隠し武器の使い手。光路郎は、マイペースな詩郎とは対照的に、素直で実直な性格である。そんな二人の主人公が不思議な事件の謎を明らかにしていく。

舞台のキャストは「ハートの国のアリス The Best Revival」の櫻井圭登(吉原詩郎役)、末原拓馬(山田光路郎役)、「八犬伝 東方八犬異聞」の三上俊(吉原安里役)、「真夜中の弥次さん喜多さん」の田上真里奈(六口役)など。舞台では、艶やかでミステリアスな漫画の作品をリアルに目の当たりにできる。せっかく機会に「浪漫活劇譚 艶漢」の世界観に浸ってみてはいかがだろうか。

浪漫活劇譚 艶漢が好きな方はこんなチケットもおすすめ