足立の花火は東京都足立区で毎年開催される花火大会である。「足立の花火」が公式の名称となっており花火大会とは表記しない。戦争の影響で一時中断されていたが、1979年に足立の花火として20年ぶりに復活した。約1万3,500発もの花火を1時間という短時間で打ち上げることから大迫力の絶景を楽しむことができる。募集した曲に合わせて打ち上げる花火や、スターマインを始め、小型煙火やナイアガラなどの仕掛花火と盛りだくさん。威風堂々をバックに繰り広げられるグランドフィナーレの「満開のしだれ桜」は圧巻だ。足立の花火は会場が荒川河川敷ということもあり、この斜面に腰かけて観賞することができるが、非常に人気が高く混みあう花火大会なので早めの場所取りを心がけたい。

足立の花火の日程

161人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

足立の花火の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

足立の花火のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/21 00:00更新)

足立の花火について

足立の花火とは

足立の花火は東京都足立区で毎年開催される花火大会である。7月の開催ということで近隣の大規模な花火大会では1番早い開催となっている。もともとは千住の花火大会として開催されていたが、1939年、第二次世界大戦をもって一時中断されその後休止に。1979年に足立の花火大会として20年ぶりに復活した。

約1万3500発もの花火を1時間で打ち上げることから大迫力の絶景を楽しむことができる。募集した曲に合わせて打ち上げる花火やスターマイン、小型煙火やナイアガラなどの仕掛花火と趣向を凝らしたプログラムが盛りだくさん。会場が荒川河川敷ということもありこの斜面に腰かけて観賞することができるが、非常に人気が高く混みあう花火大会なので早めの場所取りが必要になってくる。

荒川の河川敷は千住側と西新井側の2ヵ所となり、千住側が打ち上げ場所となっている。しかし西新井側の方が河川敷が広く会場も用意されるので、ゆったりと楽しむことができる。その他にも尾竹橋通りの河川敷や善立寺、そして近隣の予約の取れるレストランなど穴場スポットも多く、事前に調べていくとなお良いだろう。

足立の花火が好きな方はこんなチケットもおすすめ