「AD-LIVE(アドリブ)」とは、アドリブだけで構成される、衝撃と感動の舞台のこと。事前に決められているのは大まかな世界観と、舞台上で起こるいくつかの出来事のみ。それ以外は出演者の役もセリフも全てをアドリブだけで進行していく。そのため、どの公演も二度と同じドラマになることがないのが特徴。2015年には約12公演で6万人を動員し、大きな話題となった。この公演の総合プロデュースを務めるは、声優の鈴村健一だ。2017年の9月の公演は前回よりもさらにパワーアップし、全12公演、総勢12名のキャストを招いて開催される。どんな化学反応を見せてくれるのか楽しみにしておこう。

アドリブ(AD-LIVE)の日程

3,855人が登録中

すべての公演 出品中 (546) リクエスト中 (31)

もっと見る(451件) 閉じる

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アドリブのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/22 06:00更新)

AD-LIVE(アドリブ)について

AD-LIVE(アドリブ)の魅力とは

AD-LIVE(アドリブ)は、「90分間アドリブだけでお芝居を続ける」 という衝撃の即興劇。2014年には約1万人、さらに翌年には約6万人の動員数を記録した大人気公演だ。

この公演では、大まかな世界観、そして例えば電話が鳴る、誰かが来るなど、舞台上で起こるいくつかの出来事が決められているのみ。つまり出演者の役もセリフも、90分全てをアドリブで紡ぐ舞台劇である。さらにお互いのキャラクターは舞台上で初めて知ることになるという。どう紡がれるのか、何が生まれるのかわからないアドリブ要素と、予め決まっているいくつかの出来事の化学反応により、その場だけの感動と衝撃のドラマが生まれる。「不確定要素だらけのドラマの結末は、感動なのか?爆笑なのか?脚本を書いている僕ですらまったくわかりません。」と総合プロデューサーの鈴木健一は語る。

演技者たちのぶつかりあいの果てに待つ、誰も知らない奇跡の瞬間は劇場にいた者しか味わえない。出演者も観客もドキドキワクワクするステージ。新感覚の舞台を体験してみてはいかがだろうか。

アドリブ(AD-LIVE)が好きな方はこんなチケットもおすすめ