ACT21は、芸能プロダクションである。1983年7月に株式会社とーく名義で設立され、1999年に現在の商号に変更し、正式名称は株式会社アクト・トゥ・ワンである。本社は大阪府大阪市に構えられており、主な業務内容はプロダクション業務全般とし、そのほかにイベント全般の企画制作業務や各種会場検索代行業務など複数の業務を事業としている。会社への所属区分は、芸能1部、芸能2部、CREATORSの3つに分かれており、それぞれの特技を活かした編成となっている。2017年には毎年行ってきたアトリエ公演が劇団Team337を旗揚げし、同年2月に旗揚げ公演「猫は毒殺に関与しない」を上演している。今後の活躍が期待されるアーティストが所属するプロダクションである。

ACT21の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ACT21について

ACT21の魅力とは

ACT21は、大阪に本社を構えるプロダクション事務所である。1983年別の名義で設立され、1999年に現在の名称に変更を行っている。業務内容はプロダクション業務全般としているが、広範な活動を行っていることも特徴と言え、若年層に向けたダンススクール「Studio Act Dance School」や朗読女子会「女々しい奴ら」の開催、所属クリエイターが手作りしてくれる「筆文字ポエム」などを行っている。また、本プロダクションが毎年行ってきたアトリエ公演が2017年に劇団「Team337」として旗揚げされ、2月には旗揚げ公演「猫は毒殺に関与しない」を上演し、好評を博している。さらに第2回となる公演「ピンボケ探偵・村崎ピン子」が、2017年12月からは大阪公演、2018年1月からは東京公演として上演され、どのようなパフォーマンスとなるのか期待が集まっている。本作は、探偵見習いの主人公を通して、1枚の写真が織り成す人間関係を暖かく描いたヒューマンコメディとなっており、最後には身の毛もよだつ結末が用意されているとアナウンスされている。主演には、映画「結婚」でディーン・フジオカと共演した柊子が務める。

ACT21が好きな方はこんなチケットもおすすめ