AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は、アジアサッカー連盟(旧アジアクラブ選手権)が主催する、各国のクラブチームの選手権大会だ。加盟各国に「クラブライセンス制度」の導入が義務付けられており、日本の場合はJ1ライセンス取得クラブかどうかが参加可能資格となっている。AFCチャンピオンズリーグは優勝賞金150万USAドルに加えFIFAワールドカップへの出場権がもらえるため、アジアのクラブチームにとっては最も大事な大会だ。日本は2008年以来優勝から遠ざかっているため、今シーズンの活躍が期待されている。2016年度は日本からはFC東京がE組、昨年のJ1王者のサンフレッチェ広島がF組、ガンバ大阪がG組、浦和レッズがH組で参戦する。

AFCチャンピオンズリーグの日程

381人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

AFCチャンピオンズリーグの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

AFCチャンピオンズリーグのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 00:00更新)

AFCチャンピオンズリーグ について

AFCチャンピオンズリーグ の魅力とは

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は、アジアサッカー連盟(旧アジアクラブ選手権)が主催する、各国のクラブチームの選手権大会で、優勝賞金150万USAドルに加えFIFAワールドカップへの出場権がかかる最も権威のある大会だ。日本は、2007年に浦和レッズ、2008年にガンバ大阪と連覇したが、2009年以降は苦戦が続いている。2014年度大会から東アジアと西アジアのグループに別れて準決勝まで行い、それぞれの1位が決勝を争う形になった。

2016年度は日本からは東アジアのグループに4組が参加。FC東京がE組(他に全北現代モータース(韓国)、江蘇舜天(中国)、ビンズオン(ベトナム)第3位代表(タイ)、ヤンゴン(ミャンマー)),昨年のJ1王者のサンフレッチェ広島が2015年のJ1王者であるサンフレッチェ広島は、F組(他にFCソウル(韓国)、ブリラム・ユナイテッド(タイ)、アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)、山東魯能(中国)、モフン・バガン(インド)、タンピネス・ローバース(シンガポール))に振り分けられている。

ガンバ大阪がG組(他にメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、水原三星ブルーウィングス(韓国)上海上港(中国)、ムアントン(タイ)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア))、浦和レッズがH組(他に広州恒大(中国)、シドニーFC(オーストラリア)、浦項スティーラース(韓国)、ハノイT&T(ベトナム)、傑志(香港))で参戦する。

AFCチャンピオンズリーグが好きな方はこんなチケットもおすすめ