アクセルワールド」は電撃文庫の中で累計発行部数1000万部を史上最速で達成してことも知られる小説家・川原 礫のライトノベルである。2009年から刊行され、第15回電撃小説大賞にて大賞を受賞。小説投稿サイト「Arcadia」で攻打引(せめだいん)として「超絶加速バースト・リンカー」を発表された作品が初出となり、その後現在のタイトルに改題された。2012年からのアニメ版は「機動戦士ガンダム」を始めとするロボットアニメに定評のあるサンライズが担当。キャラクターデザインは愛敬由紀子が手掛けている。様々なメディアミックス展開を見せるアクセルワールドは2016年にワーナーブラザーズ配給にて劇場版も公開。こちらにも期待が寄せられている。

アクセルワールドの日程

33人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

アクセルワールドの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アクセルワールドのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 06:00更新)

「アクセルワールド」について

「アクセルワールド」とは

小説家・川原 礫原作のライトノベル「アクセルワールド」。
2009年から刊行され「AW」の名で親しまれている。第15回電撃小説大賞にて大賞を受賞。2010年から合鴨ひろゆきの作画で漫画版発表。あかりりゅりゅ羽によるパロディ4コマ漫画「あくちぇる・わーるど。」も開始された。
この頃にコナミからトレーディングカード『らのべ×トレカ〜電撃文庫編〜 アクセル・ワールド 「もっと先へ……《加速》したくはないか、少年」』が発売。2012年からはアニメ版が放送され、ゲーム化も発表されるなど、メディアミックス展開されていった。

アニメ版は「機動戦士ガンダム」を始めとするロボットアニメで定評のあるサンライズが担当。キャラクターデザインは愛敬由紀子が手掛け、アスキー・メディアワークス創立20周年記念作品の第1弾として全24話が放送された。
2016年にはワーナーブラザーズ映画の配給で劇場版「アクセル・ワールド INFINITE BURST」が上映される。7月の初日には黒雪姫役の三澤紗千香やチユリ役の豊崎愛生、ニコ役の日高里菜など豪華声優陣が登壇する舞台挨拶付き上映も開催。これはファンにはたまらないものとなりそうだ。

アクセルワールドが好きな方はこんなチケットもおすすめ