あべのハルカスとは、2014年にグランドオープンした大阪市阿倍野区に立地する高さ300mを誇り日本で最も高い超高層ビルである。地上60階、地下5階建ての複合ビルで、低層階にはあべのハルカス美術館や近鉄百貨店、中層階はオフィスエリア、高層階にはホテルと展望台が設けられている。ハルカスの名称は古語の「晴るかす」に由来しており、58階から60階までは「ハルカス300」という展望台になっている。展望台からは360度のパノラマ状態で近畿一円の風景を見渡すことができる。空もようが愛らしいクマのマスコットキャラクター「あべのべあ」が観客を迎え入れ、人気を呼んでいる。16階の「あべのハルカス美術館」は、都市型美術館として国宝や重要文化財の展示をはじめ多彩な展覧会を開催し、誰もが気軽に芸術・文化を楽しめる美術館として人気を博している。西日本のランドマーク・あべのハルカスに一度は訪れてみてはいかがだろうか。

あべのハルカスの日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

あべのハルカスについて

日本一の超高層ビル、あべのハルカスの魅力とは

地下鉄・JR・近鉄など一日の乗降客数が約80万人にのぼる大阪の南の玄関口・阿倍野に位置するあべのハルカスは、地上60階、地下5階の超高層複合ビルとして日本一の高さを誇っている。
2014年にグランドオープンし、全高300mは、横浜ランドマークタワー(296m)を抜き、ビルとしては日本最高、構造物としても東京スカイツリー (634m)、東京タワー (332.6m) に次ぐ3番目の高さとなる。ビルは全面ガラスで覆われたカーテンウォールで三段階にセットバックする立体構造が採られ、近鉄百貨店を核テナントとするほか、オフィス、美術館、ホテル、展望台などから構成されている。
58階から60階までの三層構造になっている「ハルカス300」は、天候が良ければ大阪平野をはじめ六甲山系から明石海峡大橋、淡路島、京都までのパノラマ景色が一望できるため、デートスポットとしても高い人気を誇っている。「ハルカス300」の入り口の16階にはシャトルエレベーターで上がり、チケットを購入して、壁と天井がガラス張りの360m/分の高速エレベーターで一気に60階まで上がることができる。
ターミナルビルにある都市型美術館として16階に位置する「あべのハルカス美術館」では、通勤・通学・買い物帰りなどに手軽に美術作品が観賞でき、人気を集めている。その他、ゆっくりとくつろげる16階の庭園や屋上のヘリポートを見学するツアーなども好評を得ている。

あべのハルカスが好きな方はこんなチケットもおすすめ