A Winged Victory for the Sullenとはアンビエントミュージック界を代表するユニットStars of the Lidのメンバーであるアダム・ウィルツィーと、ソフィア・コッポラ監督のマリー・アントワネットのミュージックを担当したアメリカ人ピアニストのダスティン・オハロランによるプロジェクトである。2011年にリリースされたファーストアルバムである「Winged Victory for the Sullen Import」はその美しい旋律で最高のヒーリングミュージックと評された。アダム・ウィルツィーの完成されたアンビエントミュージックとダスティン・オハロランのボストンクラシカルなピアノの融合で創り出すサウンドが注目を集めている。

A Winged Victory for the Sullenの日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

A Winged Victory for the Sullenの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

A Winged Victory for the Sullenのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 00:00更新)

A Winged Victory for the Sullenについて

A Winged Victory for the Sullenとは

A Winged Victory for the Sullenは ベルギーのブリュッセルで2011年に結成されたアダム・ウィルツィーとダスティン・オハロランによるプロジェクトだ。
アダム・ウィルツィーはアメリカのレコードレーベルkrankyに所属するアンビエントミュージック界の重鎮であるStars of the Lidのメンバーである。
ダスティン・オハロランはベルリン在住のアメリカ人ピアニスでソフィア・コッポラ監督のマリー・アントワネットのスコアを手がけたことで注目を集めた。

2人が創り出すサウンドはアダム・ウィルツィーが創り出すメロデックなアンビエントと、ポストクラシカルシーンで絶大な支持を集めるダスティン・オハロランのピアノとの融合で美しく優雅な音楽を生み出している。
そんな美しいアンビエントミュージックを世に送り出しているA Winged Victory for the Sullenが2016年についに来日、10月に東京にあるスクエア荏原ひらつかホールにてコンサートを行う。
今回の公演ではストリングを加えたトリオ編成で2ndアルバム「Atomos」を中心としたセット演奏を行う予定だ。

2015年に6000人収容のイギリスのロイヤル・アルバート・ホールをソールドアウトさせた人気ユニットの送り出す世界最高峰のヒーリングサウンドをぜひ体感していただきたい。

A Winged Victory for the Sullenが好きな方はこんなチケットもおすすめ